読んだり、書いたり、編んだり 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんな、やさしかったよ―三百六十五日の愛の物語(児玉隆也)

みんな、やさしかったよ―三百六十五日の愛の物語(児玉隆也)みんな、やさしかったよ
―三百六十五日の愛の物語

(1977)
児玉隆也

商品詳細を見る

児玉隆也の本で、図書館にあったのを借りてくる。「この本は、児玉隆也さんの最後の本である」と巻頭にある。

児玉は、アンカーであり、リライターであった。この本のもとになった「三百六十五日の愛の物語」は、講談社の『週刊ヤングレディ』に連載されたもので、取材記者の書いてきたデータ原稿を「児玉さんの"目"で完成原稿にする、というシステムだった」という。

なので、児玉隆也という名で出ている本だが、当時の取材記者6人との合作ともいえる。若い人に取材を手伝ってもらったという意味では、『一銭五厘たちの横丁』もそうだというが、この本を読んで、ああこんなふうに児玉はアンカーをやっていたのかというのがよくわかった。児玉は、取材のやり方、原稿の書き方を身を以て示し、服装や言葉遣いなどにもうるさかったという。そうして鍛えられた6人は、いまそれぞれにアンカーやリポーター、ルポライターとして一人立ちしているとまえがきにある。その人たちの「三回忌までになんとかして児玉さんの最後の本を出したい」という思いが、この本になっている。
巻末には、妻の児玉正子さんが文章を寄せている。
▼…こうして一冊にまとめられたものを読みかえしておりますと、人間を描くことが、児玉の一番得意としていた仕事のように思います。これから、子供たちも、長い人生のなかで、この本に書かれているようないろいろな幸運な出合いを経験するはずです。その出合いを大切にして生きていけるように育って欲しいものです。…(p.219)

収録された22篇には、実にいろいろな人が登場する。こんな人がいるのか、こんな思いがあるのかと、今読んでも新鮮さがある。この人たちに、どうやってたどりついたかなという興味もわくし、取材対象に選んだポイントはどこだったのだろうと思うし、取材にはどれくらいかけたのだろうとも思う。

カバーの裏には「市井に生きる人びとの姿を、忘れてはならない〈愛〉の本質を、人間が人間らしく生きるその人生を、限りない愛情をこめて描きだした最後の作品!」と刷られていた。

(5/10了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4664-7aa4a76f
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第44回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。