読んだり、書いたり、編んだり 

5月によみおわった本

5月に、てっぺんから最後まで読んだ本のリスト。今月は、連休明けから『We』制作で一気にあわただしくなり、特集記事の1本が最後の最後までひっぱって休み返上になるなど、入稿までのドキドキが半端ではなかった。休みが飛ぶような状態になると、手紙がろくに書けなくなるが、本はわりと読んだ皐月。しかし、ブログに読書メモを書くよゆうはほとんどなかった。月初は薄ら寒く、後半は暑くなってきて、気温の上下があいかわらず大きいのがカラダに堪えた。月末に横浜ゆき6日間、そのあいだに梅雨入り。
-----
○石川晋『学び合うクラスをつくる! 「教室読み聞かせ」読書活動アイデア38』明治図書
○島崎今日子『〈わたし〉を生きる―女たちの肖像』紀伊國屋書店
○有川浩『県庁おもてなし課』角川書店
○瀧波ユカリ『女もたけなわ』幻冬舎
○山崎ナオコーラ『私の中の男の子』講談社
○島田惠『いのちと核燃と六カ所村』八月書館
○『母の友 2012年 04月号』福音館書店
○荒井裕樹『障害と文学―「しののめ」から「青い芝の会」へ』現代書館
○アラン・ドラモンド『風の島へようこそ』福音館
○恩田えり[著]、新子友子[漫画]『お囃子えりちゃん寄席ばなし』イースト・プレス
○西川祐子、上野千鶴子、荻野美穂『フェミニズムの時代を生きて』岩波現代文庫
○ジブリ×文春文庫『ジブリの教科書2 天空の城ラピュタ』文春文庫
○宮地尚子『震災トラウマと復興ストレス』岩波ブックレット
○宮下奈都『田舎の紳士服店のモデルの妻』文藝春秋
○児玉隆也『みんな、やさしかったよ―三百六十五日の愛の物語』サイマル出版会
○小川洋子『人質の朗読会』中央公論新社
○毎日新聞「境界を生きる」取材班『境界を生きる 性と生のはざまで』毎日新聞社
○安田浩一『ルポ 差別と貧困の外国人労働者』光文社新書
○坂上遼『無念は力』情報センター出版局
○児玉隆也『この三十年の日本人』新潮文庫 …再
○宮下奈都『終わらない歌』実業之日本社 …再
○宮下奈都『誰かが足りない』双葉社
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4655-e9a2cfb8
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第42回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ