読んだり、書いたり、編んだり 

チャーシューの月(村中李衣・作、佐藤真紀子・絵)

チャーシューの月チャーシューの月
(2013/01)
村中李衣・作、佐藤真紀子・絵

商品詳細を見る

図書館の新着リストから借りてみたもの。児童養護施設で暮らす子どもと、その周りの大人たちを描いている。著者は、絵本の読みあいという活動で児童養護施設に関わっているらしく、その経験から登場人物たちが造型されているようだ。

話は、「あけぼの園」へ入ってきた6歳の明希と、同室になった次は中学生になる美香を中心にすすむ。明希は、見たものをそのままうつしとるように記憶してしまうだけでなく、それを描いて再現できてしまう。手紙の文面を見たら、習っていない字でもそのまま形は書ける。学校の遠足のときに、施設の先生たちが苦労して"ひとりひとり違って見えるように"つくったお弁当も、誰のがこれと、誰のがこれと、全部描きわけられる。お金がなくなったと騒ぐ子の部屋で、「あそこが昨日と違う」と指したところから隠されていたお金がみつかりもした。

そんな記憶のしかたをしてしまう明希には、家族の記憶がつらく苦しいものになっていた。美香は、そんな明希に、「その記憶を楽しいもんにすりかえろ!」と言いながら、自分自身が親とのことにもう縛られたくない!と思っている。そこを乗り越えようとするところが特に印象にのこった。
かつて、明希が母に連れられていった墓場で、美香は言う。

▼「いいか、頭んなかの記憶を楽しいもんにすりかえろ。おまえのは、テッテーして暗いんだよ。これで、墓場まで加わるとサイテーだぞ」(p.207)

「よく見てろよ。これは墓石じゃない。そうだな、んーと、キリン。そうだ、四角い、顔色の悪いキリン!」
「そいで、こっちが、そのキリンに恋する馬!」
「そいで、こっちの草ぼうぼうは、サバンナっていってもわかんないか……ようするにジャングル、いいな、ジャングルだぞ」

ここにある墓石は、ぜーんぶアフリカの動物だ、明希と美香はクジで500万あたって、アフリカまで散歩に来たんだ、金持ちの散歩だからスケールでかいんだと、美香はひっしで明希に言うのだ。

▼わたしは必死だった。
 明希の心から、哀しすぎる記憶を消したかった。いや、明希のだけじゃない、親とのことに縛られるのは、もうたくさんだ。(p.209)

美香は、ふたりを探して墓場まで追ってきた伸也からこう言われる。「さっき、おまえが明希にいってたこと、おれもそっくりそのまんまおまえにいいたい。おまえの記憶も、いい加減楽しいものに切りかえろ。おれたち、これまでよりこれからのこと考えたほうが、手っとりばやいぜ」(p.211)

これまでよりこれからのことを考える。
そうやって、前を向いて、生きていく。
振り返るのは、もっとあとでいい。
縛られていると思っていた親が、ずっと小さくなるときがくるしなと、読んでいて思った。

巻末には著者のあとがきがあった。

▼かれらはみんな、かわいそうだとあわれんでもらうような子どもたちではありません。どの子もみんな、だれがあきらめようと自分だけはけっして自分をあきらめないという生命力の強さとプライドをもっています。けれど、その強さゆえに、わかってもらえない園の外にいる子たちと激しい衝突をしたり、大人に強い反抗心をみせることも、しばしばありました。(pp.219-220)

かわいそうだとあわれんでもらうような子どもはいない。子どものもつ力を感じる物語だった。

(3/30了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4632-7b9d0129
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第39回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ