FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

「いのちの授業」をもう一度 がんと向き合い、いのちを語り続けて


「いのちの授業」をもう一度 がんと向き合い、いのちを語り続けて
山田泉
\1,890
高文研
2007年

福井で山ちゃんの話をライブで聞いてから一週間。
『「いのちの授業」をもう一度 がんと向き合い、いのちを語り続けて』を再読。

山ちゃんが尊敬していた穴瀬先生が亡くなった話が、この本の最後に出てくる。
山ちゃんが穴瀬先生からもらった手紙の一節。

▽…しかし、自分がひきこまれない程度に、相手の土俵にも上がって話を聞いていくことで、なおしたたかな実践となって、広がりが出てくるにちがいありません。あせらず、がんばってください。
(289p.)


自分がひきこまれない程度に、相手の土俵にも上がって


すげー難しいなーと思うけど、心に留めてみようと思う。

(6月21日読了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/462-925f50a3
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第66回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ