読んだり、書いたり、編んだり 

書店ガール(碧野圭)

書店ガール書店ガール
(2012/03/16)
碧野圭

商品詳細を見る

この話は、単行本『ブックストア・ウォーズ』のときに読んでいて、本屋で文庫の裏をちらっと見たら、改題とだけ書いてあったので、読まなかった。

新刊文庫が本屋の棚からも消えたころ、貸しますよーと言ってもらっていた『安井かずみがいた時代』と一緒にこの文庫本が入って送られてきて、じゃあもう一度読むかと読んでみたら、文庫になるときにかなりの加筆修正があったらしく、単行本とはだいぶ印象の違う話になっていた。

単行本を読んだときには、職場の人間関係の、えらい鬱陶しい話がえんえんと続くなーという印象が強かったが、文庫では、本屋という場を行き交う人たち、そこでの仕事のおもしろさ、苦労や工夫、人と人それぞれの変化などがぐぐっと立体化するようで、そして本というモノが重なって、えらいおもしろかった(読み終わった次の日に、ちょうど出たばかりの『書店ガール2』をつい買ってしまったくらいだ)。
ペガサス書房吉祥寺店、副店長の理子と、部下の亜紀。アラフォー独身の理子と、大手出版社の社員と結婚した亜紀、この2人の仲の悪さが、それぞれのキャラをはっきりさせつつ冒頭から書かれていく。

職場の中では、ちょっとした情報操作が同僚のあいだに要らぬ反目をうんだりもする。理子や亜紀もそういうのに引っかかって、互いの感情をこじれさせたりもしたが、そういう情報操作のなかでも理子が店長になったあとの男性スタッフの言動はひどく、こんなことで「女は…」と言われたり、評価を下げられたりするのかと、読んでいてムカついた。

一時は顔を見るのもイヤだというほどこじれた理子と亜紀だが、だからといって亜紀は理子を心底憎んでいるわけではなく、同業者の男たちが酒の席で、根も葉もないような噂や勝手な想像で理子のことを嘲笑うのは見すごせず、反論さえした。

ほかにも、亜紀の夫になった伸光の、「女は…こうするもんだ」的な観方に、亜紀が引っかかて揉めるところなど、職場だけではなくて家に帰っても囲まれる男のヘンケンというものに、理子にしろ、亜紀にしろ、それは変だと抵抗するのだ。おそらくここが、嫌いあっていても、2人の根として通じるところなのだろう。

お互い「嫌いだ」と思っていた2人も、自分たちの働く店が半年後に閉店になるという危機に際しては、力をあわせた。まるで閉店までの繋ぎのように店長となった理子を頭に、店員たちは閉店を撤回させるべく、店を変え、自分たちが変わり、仕事に励み、売り上げ目標を達成した。その数ヶ月をふりかえって、理子はこう思う。

▼ここ数ヶ月で、本当に見違えるほど良くなった。居心地がよくて、発見があって、活気がある。店員も感じがいい。自分がお客さんだったら、何度も来たくなる店だ、と思う。(p.365)

しかし、閉店決定は覆らなかった。社長は、店はつぶすが、君には新しい仕事をやろうと、電子書籍部門を任せようと理子にもちかける。「これからはもう店舗の時代じゃない。紙の本の時代じゃない」(p.374)と。

理子は辞表を出した。店のみんなに「店がつぶれるときは辞める」と宣言した手前もあるが、なにより自分はリアル書店で紙の本を売りたいのだと。

▼電子書籍は本ではない。データだ。本とは別のものだ。本屋はお客様や営業の人や書店員、いろいろな人間がいて、直接会って話したり、ときにはぶつかりあって何かが生まれる。本という物を媒介に人と人が繋がっていく。それが書店だ。私が好きな書店というものだ。(p.378)

ここを読んで、紙の本と情報とかデータということを考えた。たとえば、同居人はたぶれっとというもので電子書籍を読んでいたりするが、あのデータと、紙の本との違いは何なのだろう。

先月、facebookで日々充実した情報が入り、それで十分足りているから、『We』の購読はやめますという申し出があった。これを聞いたときには、けっこうショックを受けた。『We』みたいな雑誌、紙媒体で隔月で出る雑誌、そんなんの存在って何なんやろう…とこの一ヶ月ほど、いろいろ考えた。

facebookは自分でやってないので、どうもよくわからないけれど、それと並べて、もういらないわと言われてしまう『We』か……と思ったのだった。今日たまたま手にした『みんなの図書館』誌には、「電子書籍もいいが、そもそも本屋がなくなってしまったら一体どうなるのか」という編集者の思いが書かれていた。

本屋は、私が働いてみたいと思う職場のひとつで、自分の体力では無理かな…と思いつつも、かなうことなら一度はと思う。もしもかなうときがきたら、そのときはこの小説を読みなおしてから出勤したいと思う。

(3/18了)
 
Comment
 
 
2013.08.25 Sun 02:45 佳菜美  #DvI991tw
「書店ガール」は面白かったです。
書店の一端を垣間見ているようで。
本屋さん好きにはたまらない作品です!
ネットでいろいろ書評を読んでいても、おおむね
良い感じでしたし。
birthday-energy.co.jp/
ってサイトは碧野さんの性格にまで踏み込んでましたし。

本屋さんも書店ガールも次が楽しみです!
仕事系物語の面白さはやっぱりこの人ならでは  [URL][Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4616-8405a5ea
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第43回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ