読んだり、書いたり、編んだり 

うた時計(新美南吉・作、長野ヒデ子・画)

うた時計(新美南吉)うた時計
(1997/07)
新美南吉・作、長野ヒデ子・画

商品詳細を見る

海月文庫での椿﨑和生作品展「言葉から形を 新美南吉さんの童話をもとに」を見にいくのに、図書館で一冊借りていく。こないだ読んだ『新美南吉童話集』になかった話も入っていた。

そして、道中で数篇読んでから、海月文庫で椿﨑さんの作品を見る。DMにも使われていた「花を埋める」、あるいは読んだばかりの「正坊とクロ」、「きつね」… 

私は、先に原作を読んでしまった映画は、見るかどうかためらった挙げ句に見ないことが多いが、椿﨑さんの作品は、ああ、あの場面をこんなふうにと思ったり、ここが椿﨑さんの心に残ったところなのかなと思ったり、映画を見るのをためらうような気持ちは起こらなかった。

まだ読んだことのない作品は、読んでみたいなと思い、短い会期ではあるけれど、読んでから、また見たいなとも思った。

掛けてあった「花を埋める」を、ことわって、はずして床においてみた。地べたに埋めるあそびの話だから、そうやって見てみたかったのだ。
来られた方が、「これはどんな作品ですか」とたずねると、椿﨑さんは、そのあらすじを語りきかせる。その再話の際に、話が元のからちょっとズレたようなところもあったりして、そこがおもしろいなと思った。

なにがきっかけで新美南吉を読んだんですかとたずねたら、3年ほど前、山崎コマリさんの語りで「牛をつないだ椿の木」を聞き、それがよかったので読んでみたのだということだった。そして、自分は新美南吉の話のほんの一部を知っているだけだったのだなと思ったと。

この本で初めて読んだ「正坊とクロ」は、新美南吉が18歳のときに『赤い鳥』に発表した作品だという。若くして死んだ新美南吉だが、大日本図書から出ている12巻ほどの全集があるそうだ。もっといろいろ、読んでみたい。ふるさとの半田では、生誕100年の催しもあるらしく、それも行ってみたい。

(3/6了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4608-d60e4af0
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第43回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ