読んだり、書いたり、編んだり 

あなたにもできる悪いこと(平安寿子)

あなたにもできる悪いことあなたにもできる悪いこと
(2012/12/21)
平安寿子

商品詳細を見る

平安寿子のこの小説は、単行本で読んでいる。たしか表紙カバーは黒く、腹黒そうな感じだった。図書室をぶらぶらとしていて、久しぶりにタイラ節を読みたくなって借りてくる。表紙カバーが単行本とまた全然ちがう。

口八丁手八丁のインチキセールスマン・檜垣。「欲が深くてあさはかな女心を手玉にとって、原価理の低い粗悪品を売りつけたときの快感は、いってみれば暑い日に飲む生ビールだ」(p.21)と言ってのけられるタマだ。転職を繰り返しながら、懐が寂しくなったらやるのは直販業者のセールスマン。頭がよくて、弁が立って、そのうえ好感をもたれるハンサム顔だ。

この檜垣と、旧友・時任の愛人らしき畑中里奈がタッグを組んで、自称トラブル・コーディネーターとして地道なカツアゲをしてまわる。「金が天下を回るから」に始まり、「カエサルのものはカエサルに」までの6章で書かれているのは、檜垣と里奈が、小市民のもめごと調整に首をつっこんで、回る金の上前をはねる仕事の話。

立て板に水のような檜垣の弁舌や、小市民のもめごとの展開が、また読んでもやはりおかしい。
文庫解説には、平安寿子があるインタヴューでこんなことを答えている、と引いてある。

▼"私は、人間は他人によってしか世界が開かれないし、他人と出会うことでしか成長できないと思っている"(p.328)

そのインタヴューは、たぶんこれだろう。
http://books.rakuten.co.jp/event/book/interview/taira_a/

3度か4度くらい読んだ『グッドラックららばい』を、むくむくとまた読みたくなるのだった。

(2/3了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4583-3a6824b3
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第41回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ