読んだり、書いたり、編んだり 

サンネンイチゴ(笹生陽子)

サンネンイチゴサンネンイチゴ
(2009/06/25)
笹生陽子

商品詳細を見る

「お年玉」に本をやる(盆の頃にも本をやる)同居人の弟のとこの子も、上は春には中学生になる。この正月は、小6が出てくる話はどうかなと笹生陽子の『きのう、火星へに行った』を選んでみたら(下の3年生には、暮れの収穫『かさぶたってどんなぶた』)、その母から「今にぴったりで、すごいセレクトでした」とメールがきた。

私も久しぶりに笹生陽子が読みたくなって、まだ読んでないのあったっけなーと、文庫の『サンネンイチゴ』を借りてきて読む。

主人公は中学2年のナオミ。担任は、体育会系の理科教師。体育会系のノリ、つまりはやたらに元気、やたらに単純、声がでかくて命令好きな南センセが、ほんまにうざい。勝手な思い込みで、生徒をいたぶったり、教室を支配したり。そして生徒のほうも、柴咲アサミをのぞいては、心にわだかまろうとも、表だってはほとんど何もできず。
文芸部員で、詩をこねくりまわしたりするナオミは、妄想の中では勢いよく挙手して、先生をたしなめる発言をしてみたりするのだが、現実は「センセの恨みを買っちゃあ、まずいもの。ここはひとまず穏便に」路線。

そう、南センセに「なにやってるわけ? さっきから。そこに立たれるとじゃまなんだけど」などとタメ口で文句言えるなんて、柴咲アサミくらいだ。さすが天下無敵のバトルマスター、おそるべし、とはナオミの心の中の声。

ナオミが、わざわざ関わるつもりのなかったアサミと話すようになったのは、ある日古本屋へふらりと入ったほんのわずかな時間のあいだに、自転車の前かごに入れていたサブバッグを盗まれたせいだ。しかも、最初にたすけてくれたのは、文芸部長の野々村さんの噂によれば"アサミと付き合っている"という隣のクラスの手塚くん=ヅカちん。

そんなこんなで、アサミやヅカちんと話すようになったナオミは、わざと問題から目をそらす自分を、思い出さずにいられない。3年前、小学5年のときに起こったある騒動のことも、忘れたふりをしていたけど、ふりなだけで、決して忘れたわけじゃない。

「納得できないことをするのは死んでもいやだ」そう思って、ナオミはあのとき罰のランニングを拒絶した。球技大会の練習時にダブルブッキングしていた体育館のコート使用で不公平な裁定をした音楽教師の授業を、クラスの女子で集団ボイコットした。その教師は学年主任を連れてもどり、ボイコットに加わった女子たちは「やってていいことと悪いことがあるだろう」の説教をかまされた上に、罰に校庭のランニングを命じられた。

「みんなといっしょにやってはいけないことをしたのは事実だけれど、だからといって一方的に責められたんじゃかなわない。十一歳の小学生にとっては、あれが精一杯。体育館での一件でどれほど不快な思いをしたか、理路整然と訴えることができればとっくにそうしてた。」(p.74)

ランニングせずに帰ったナオミは、翌日には職員室に呼び出されてシメられ、反省文を書かされた。さらには親まで呼び出されて面談された。「あんたみたいなことしたの、クラスでたっったの一人でしょ? はずかしいったらありゃしない」と母親に言われて、ナオミは自分の立ち位置を思い知り、自分への希望を失った。

自分はひとりだ、と思っていたナオミ。でも、そのナオミの行動を、アサミはずっと見ていたのだという。3年前のあのとき、アサミもランニングせずに帰ったのだ。けれどアサミの父が地元の名士の資産家だからか、あるいはアサミが大人に対して強く出られる子どもだったからか、ナオミひとりが先生にシメられ、自分にはなんのおとがめもなかったことを知ったとき、アサミは大人のずるさにがっかりして、そしてナオミの行動にほれていたのだった。

アサミやヅカちんとつきあうようになって、自分をみつめるナオミ。思ったことはなかなか言えないままではあっても、同級生との関係も、先生に対する態度も、親や弟とのあいだも、すこしずつ変わっていく。14歳なりの浅はかさもあるけど、そうやって失敗もして、こわい思いもして、それでたぶんナオミは自分のことがちょっとずつ好きになっていったと思う。書く詩も、変わっていく。

言いたいけど言えない、うまく表現できないもやもやがうずまく14歳の、内言と行動が、なつかしいような感じだった。

(1/27了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4573-5392cf1d
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第40回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ