読んだり、書いたり、編んだり 

ウィンター・ホリデー(坂木司)

ウィンター・ホリデーウィンター・ホリデー
(2012/01)
坂木司

商品詳細を見る

話のなかみは何もしらべず、図書館で空いてた坂木司の本をまた借りてみる。表紙カバーにあるのは、お菓子の家のようで、タイトルは「ウィンター・ホリデー」、どんな話か。

これは、『夜の光』『先生と僕』のような"ちょっとした謎解き"の話とは、また違った。

ハニービー・エクスプレス、通称「ハチさん便」と呼ばれる宅配便をやってる運送会社で働く「俺」=大和(ヤマト)のまわりの話。

かつて別れた恋人は、大和の知らぬ間に一子を産んで、一人で育てていた。まったく知らずに、ある日いきなりその息子・進と、「初めまして、お父さん」と夏に運命の出会いを果たした大和は、冬休みに進とまた会えるのを楽しみに仕事に励む。

元ヤンキーで元ホストの大和は、進との出会いを一つのきっかけに、昼の宅配便の仕事にかわったのだ。
配達先のプライバシーをよくもわるくも熟知していく宅配便の仕事。配達支店を細かくわけて、密なネットワークを誇るというハチさん便をつうじて、荷物が運ばれ、その荷物を出した人、受けとる人の思いがまじわる。荷物のむこうに見えるそれぞれの家の事情なども垣間見える。ドライバーは配達エリアのご近所事情にも詳しくなる。

ふだんお世話になっている宅配便のドライバーさんたちは、こんな風に仕事をしてはるんかなあと思い、やたら所帯じみた小学生・進の気づかいは、育ちのせいもあるのだろうかと思いながら読んだ。

大和に進、進の母の由希子、宅配の支店の同僚やボス、ホストクラブ時代の大恩人・ジャスミンさんや常連客のナナなど、登場人物はかなり多いのだが、それぞれのキャラクターがしっかり分かる書き方で、おもしろかった。400ページ近い厚さだったが、イッキ読み。うまい。

(1/10了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4561-24943c0a
元ヤン&ホスト→宅配便ドライバーの父+しっかり者の小学生の息子 一人から二人、そして仲間と……大人気「ホリデー」シリーズ第二弾! 元ヤンキーで元ホストの大和と突然現れたしっかり者の息子・進のひと夏の絆を描いた『ワーキング・ホリデー』、その待望の続編! 届けたい。間に合わないものなんてないから。一人から二人、そして…。父子の絆の先にある、家族の物語。父親は元ヤン・元ホスト・現宅配便ドライ...
2014.12.12 15:19
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第43回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ