読んだり、書いたり、編んだり 

みんなの図書室 2 (小川洋子)

みんなの図書室 2みんなの図書室 2
(2012/11/17)
小川洋子

商品詳細を見る

こないだ読んだ『みんなの図書室』がよかったので、2冊めを読むのもたのしみにしていた。

この2冊めは、週1度のラジオ番組で2009年夏~2010年夏のあいだにとりあげられた40数冊についてまとめてある。

1冊めは、紹介されているうち読んだ本が半分くらいあったが、この2冊めは(タイトルは知っていても)読んだことのない本のほうが多かった。小川洋子が「ただ面白い本について思うままを語る。それに尽きます。」(p.3)とまえがきに書いているように、その紹介は、小川が感じ、考えたことを自由に書いていて、読んでいて気持ちがいい。

そして、未読の本も、むかし読んだ本も、読んでみたくなる。自分がいまこの本を読んだら、どう感じるだろう、どう思うだろうと、考えると心がおどる。
読んだことのない本のほうが多かったが、一冊、たぶん私が今までにいちばん読んだ本もとりあげられていた。何度もくりかえし読んで、ぼろぼろになり、もう一度買いなおして、今はカバーをかけたまま本棚にある。もう長いこと読んでないままになっているけど、いまの自分が読みかえしたら、どんな感じがするかなあと思う。

タイトルだけ知っていた本のいくつかは、へぇぇ、そんな話なのかと思い、昔読んだはずの本でも、え、こんな話やったっけ?と、自分の記憶が上書きされるような新鮮さがあり、1冊め同様、いろいろと手をのばして読んでみたくなるのだった。

(12/17了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4540-3b04dbfe
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第39回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ