読んだり、書いたり、編んだり 

株式会社 家族(山田かおり、山田まき・絵)

株式会社 家族株式会社 家族
(2010/02/10)
山田かおり
山田まき・絵

商品詳細を見る

なにかで、この本の続き(?)の『株式会社 家族 ~私も父さんに認めてもらいたい篇~』が言及されているのだったか紹介されているのだったかを見て、読んでみたくなり、しかし今年出たその新しい本は図書館にはなくて、前の本があったので、とりあえずそれを借りてくる。

文章は二色で刷られていて、文章の合間(合間としか言いようがない)や、ページのすきまに、よろよろ~とした線で描いた絵が入っている。誰が描いた絵なんやろ、ご本人かなと思っていたら、読み終わって奥付まできて、絵を描いてる山田まきさんは、著者の山田かおりさんの妹だと判明。

読んでる途中で、わ、誰か前に借りた人がしおり代わりに写真挟んでるデと思ったら、それはこの本ができたときから綴じ込まれている写真であった。

妹と母と父と私と、家族のことが、そこはかとなくおかしみのこみ上げる文章で綴られている。ドライブスルーでフライドポテトのことを「ポテトチップ」と言い、スターバックスのことを「オートバックス」と言う父に、「そのままでいて欲しくてなかなか本当のこと言えないままでごめん」(p.15)なんてことが書いてあったりする。
小学生のとき担任からじゃが芋を持ってくるよう言われたときに、母から「怖いくらいに芽が出たじゃが芋」を渡され、こんなん恥ずかしいと泣く私に、母が「ええかっこしな。うちのはこれや」(p.46)と言ったこと、そして理科の時間に「発芽の研究をします。誰のが一番早く芽が出るでしょうか」と言う先生に、「山田さんのじゃが芋はもう芽が出ています」とクラスメイトが口を挟み、先生が自分の持ってきた綺麗なじゃが芋と芽が出放題のじゃが芋とをすりかえた、という話を書いた「私のじゃが芋は未来形」とか。

「お茶しばく」と書いてあるのを読んで、そういえば先日は手話サークルで、「茶ぁしばく」という表現を私が使うと言うと、60代の人には「それはどういう意味?」と訊かれ、50代の人には「女の子の使う言葉とちゃう」てなことを言われたことを思いだして、私より5つくらい若い、この山田かおりさんも使ってまんがな!と思うのだった。

おかしい。実におかしい本(笑)。次の本もぜひとも読みたい。

山田かおりさんのサイト
http://www.qfdshop.com/

あー、大阪で11月にトークイベントがあったんや~

山田かおりさんのdiary(ブログ)
http://blog.qfdshop.com/

山田まきgallery
http://www.qfdshop.com/gallery/gallery.html

(12/6了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4532-95d4f0f1
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第43回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ