読んだり、書いたり、編んだり 

地の底の笑い話(上野英信)

地の底の笑い話地の底の笑い話
(2002/06/12)
上野英信

商品詳細を見る

私が読んだのは、図書館にあった1967年の初版。10年前に復刻されたらしい。上野英信というと『追われゆく坑夫たち』は知っていたが、この本は知らなかった。

挿絵はすべて山本作兵衛さんの作品で、「筑豊の地底で生きてきた生粋の炭鉱労働者」である山本さんが、離職後にその炭鉱生活を克明に絵で記録したものが、章の扉をはじめ、数多く掲載されている。

「地の底で働くひとびとの笑い話をともしびとして、日本の労働者の深い暗い意識の坑道をさぐってみたい」(p.iV)というのが、著者がこの仕事にこめた願望。坑内労働の合間に、おりにふれて老いた坑夫たちが語ってくれた「古い、なつかしい笑い話」を求めて著者はほうぼうの炭鉱を歩き、話をきいてまわった。そうした笑い話を拾い歩く中で感じたことを書きとめたのがこの本だという。

▼…今日も依然として、働く民衆がみずから名づけて「笑い話」と呼ぶ世界に生きており、生活と労働のもっとも重い真実をそこに託している…彼らはなぜそれほど重要なものを笑い話と名づけなければならなかったのか。彼らにとってそもそも笑い話とはなんであるのか。(p.iv)
はしがきには、「わが国の石炭産業の労働者が、いわゆるエネルギー革命によってどのように壊滅的な打撃を受け、いかに悲惨な状態に追い込められているのかということについては、いまさら説明の必要もないだろう」(p.iv)とある。この本が出された1967年には、説明の必要もなかったことなのだろう。石炭から石油へというエネルギー革命からほぼ半世紀、なにが当たり前になり、なにが当たり前ではなくなったのかと考えてみるが、私にはわからないことが多い。

前近代的な炭鉱の労務政策については凄惨な話も多いが、暗い救いのない話ばかりがすべてではない。たとえば「どれほど好条件の特別キリハをもちだされようと、頑として小頭の奸計にのろうとしない女たちがいたことを、おもしろおかしく、しかも力づよく、笑い話は私たちに伝えてくれる」。(p.78)

あるいは、炭鉱からの逃亡・脱走をいう「ケツワリ」について、「ケツワリ遊びをいやがうえにも楽しいものとするために、それぞれ精いっぱいの知恵をしぼり、工夫をこらす。その姿がどんなものであったか、笑い話はいまなおユーモラスに私たちに語り伝えている」。(p.140)

とりわけ離れ島の炭鉱からのケツワリ話が伝えるのは、知恵をはたらかせることの大切さである。
▼偶然はもはやここではけっして脱出の奇蹟を恵んでくれない。人を頼らず自力で、あくまでも絶望せず積極的に、しかも熟慮して創造的な方法で断行を、という経験者たちの教訓は意味深い。が、その三条件のうちでもとりわけ、知恵を働かせることの重要さを、かずかずのケツワリ話は教えてくれている。(p.160)

離れ島の炭鉱で、坑夫の脱走防止には、島の住民たちに、強圧的に脱走坑夫の監視と逮捕の責任が求められた。かりにも坑夫に逃走の便宜を与えた場合には「直ニ地主ヨリ其地所ヲ引揚ゲ退去セシムル事」が確約され、「作物番人給扶助費」という大金を投じることによって。つながりを断つという労務政策である。

▼…たえまない脱走に手をやいていたことはたしかであるが、それをひそかに庇護し、脱出を援助する者も少なくはなかったのである。脱走防止の完全を計るためには、そうした結びつきを断ちきり、いやがうえにも一般島民と坑夫たちとの対立を激化させ尖鋭化させる以外に途はなく、それがまた最善の方法であった。(p.157)

坑夫たちは、「ところで、これは笑い話ばってん…」と言い、「ところで、これは馬鹿話ばってん…」と言い、あるいは「夢の話は馬鹿がするというが、わしは馬鹿じゃけん、夢の話をしよう」と前置きをして、それぞれの体験を語った。

▼いずれにしても、笑い話であるかないかを決定しているものは、ここでは個々の話の形式や内容ではなく、その話の主人公や語り手の人生そのもの、労働者としての存在そのものの喜劇性である。坑夫と呼ばれる人間自身が、しょせん一片の笑い話以外のなにものでもないというリアリスチックな認識に支えられて、はじめて個々の話はいきいきと笑いの生命を獲得するのである。…特殊の例外を除いて、笑い話だけが独立し完結した形で語られることはけっしてない。いつもきまって長い苦難の身の上話の流れの中から顔をだし、やがてふたたびその黒いゆるやかな流れの底に沈んでいく。(p.22)

この本には、そんな話がつまっていた。

(11/18了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4516-7142fcc7
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第40回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ