読んだり、書いたり、編んだり 

らいとぴあ連続セミナー「学校"って何やろう?~ぼくの・わたしの学校モンダイ~」(10/25、箕面・大阪)

今週の木曜(10/25)、久しぶりに箕面のらいとぴあへ行商にいきます!

大阪・箕面のらいとぴあ21の連続セミナー会場で、昨年に続き、『We』やフェミックスの本を販売させていただく予定です! 今年のテーマは「アタリマエを疑う」。
"「当たり前」を問いなおす"を特集した『We』178号はじめ、セミナー会場に並べたいと思います。ぜひ手にとってごらんください。
-----
"学校"って何やろう? ぼくの・わたしの学校モンダイ

学校今年のテーマ「アタリマエを疑う」
日時:2012年1025日(木)
    19:00~21:00
 ※当日参加OK!
場所:らいとぴあ21・視聴覚室 アクセス
参加費: 無料
問合せ:072-722-7400(らいとぴあ21)
主催:らいとぴあ21
・パネリスト
1)木脇嶺さん(不登校経験、高認で大学受験)
2)田渕浩昭さん(箕面市立中学校 教諭)
3)藤田美保さん(箕面こどもの森学園 校長)
4)田辺克之さん(神戸フリースクール 代表)
5)前田直也さん(保育士志望・大学生)

この夏、大津のいじめが大きくクローズアップされました。
また、学校に行かない、行けない子どもたちも、とてもたくさんいます。
とりあえず学校には行ってるけど、学校で過ごすことに「しんどいなぁ」という思いを抱えている子もいます。
逆に、学校という場で救われた子どもたちもたくさんいます。
先生や友達との関係の中で自分を好きになれたり、家庭のしんどさから解放されたり。
学校が唯一のセーフティネットである子どもたちもいます。

いま、学校で何が起こっているのか。どんな課題を抱えているのか。
そして、学校にはどんな可能性があるのかーーー。

こどもの頃「学校好きやったで!」という人も、「むっちゃしんどかってん」という人も、
今学校に通ってたり、通ってなかったりして、学校について話したい、考えたいことがある中高生もみんなで集まれ!

「学校」という、アタリマエに私たちの社会の中にあり続けているもの。
いま改めて、自分の気持ちや経験からスタートして、「"学校"って何なん?」ということを今一度、一緒に考えてみませんか?
-----
・・・・・『We』178号のご案内・・・・・
We178号:「当たり前」を問い直す特集:「当たり前」を問い直す

【インタビュー】刀川和也さん(映画監督)
人との関係の中で、人は生きていける
─ドキュメンタリー映画「隣る人」

【インタビュー】竹信 三恵子さん
賃金差別─「当たり前」がつくる錯覚

この号より、石川晋さん(『「対話」がクラスにあふれる!』ほか著書多数)の新連載「公立中学校でしなやかに生きること」が始まりました

http://femixwe.cart.fc2.com/ca19/76/p-r19-s/
1冊800円(送料80円)
石川さんの連載を読みたい方は、定期購読をぜひ!(年6冊、送料込み 5,000円)
Genre : 日記 日記
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4498-a8c0d362
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第41回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ