読んだり、書いたり、編んだり 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくは、おんなのこ(志村貴子)

ぼくは、おんなのこぼくは、おんなのこ
(2003/12/25)
志村貴子

商品詳細を見る

こないだ京都の本屋で、念入りにうろうろしていたときに見かけて、(たしかこのマンガはうちにあったような…)と思い、帰ってきてたしかめたら、やはりこのマンガだった。

いつ頃買ったのか記憶がはっきりしなかったが、過去ログを検索したところ、私はこのマンガを2008年に古本屋で求めたらしい。どんな話やったっけ~と思いながら、だいぶ黄ばんだマンガを読みなおす。

表題作は、ある日突然に世界中が一転し「男が女に」「女が男に」なってしまった世界を描いている。そういえば、そんなマンガだった。案外すんなり慣れたという人もいれば、ショックで失踪した人もいる。せっかく手術して性別を変えたのに、またそれが戻ってしまって、こんなことなら待っていればよかったという人もいる。
とりあえずこのマンガの設定では、"身体"が一転してしまうのだが、「ちんちんがなくなって、ささやかなおっぱいが」という主人公の司くんをはじめ、身体の変わった人たちが、たとえば制服はかつてのまま着ていたりして、その制服がなんというか「女の着ぐるみ」もしくは「男の着ぐるみ」のようにも見えるのだった。

表題作のほかに収録された数篇は、じーっと読んでいると、あーそういうことかぁと気づくところがあって、この人のほかのマンガも読んでみたくなった。

とりあえず図書館の蔵書検索をしてみると、あいにくマンガの所蔵はないようだが、この「ぼくは、おんなのこ」も小説で(?)入っているらしきSF集『変身願望〜メタモルフォーゼ』と、うちにもある『あのひととここだけのおしゃべり』がヒットした。志村貴子さんが何を語っていたか、まったくおぼえがないので、また読みなおしてみよう。

(10/12了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4489-2a371208
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第44回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。