FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

ろう教育と言語権 ろう児の人権救済申立の全容


ろう教育と言語権 ろう児の人権救済申立の全容
小嶋勇(監修)
全国ろう児をもつ親の会(編)
\5,040
明石書店
2004年

ろう学校での教育といえば、言語は「手話」と考えてしまうが、日本のろう学校の教育では「手話」が使われないどころか、長く禁止されていた。いま30代のろう者でも、手話禁止のろう学校で教育をうけているか、聴者と同じ学校へ通っていたか(インテグレーション)、という人が多い。

ろう学校で「手話」が意識されるようになったのは、かなり最近のことだ。

手話といっても、音声日本語にあわせて手話単語を並べたような“日本語対応手話(別名、手指日本語、英語で表現すればSigned Japanese)”ではなく、ろう者にとっての第一言語は「日本手話」(Japanese Sign Language)である。
日本手話は自然言語、つまり人工的につくりだされた言葉ではなく、「人間が特別な訓練なしに自然に習得し使用する言語」(広辞苑第六版)である。音声日本語とは別の、独自の文法体系をもつことばである。

ところが、ろう者にとって、自然に習得でき使用できることばである「日本手話」は教育のなかで長きにわたり、禁止され、使われてこなかった(使える教員が皆無に等しかったというべきかもしれない)。
ろう者は、聴覚の“障害”をもった人であり、聴こえる人に近づけることこそが障害の克服、また将来聴者の世界で生きていくうえで必要なことだと考えられてきたために、日本のろう学校のほとんどで、聴覚口話法が強力におこなわれてきた。

口話、読唇、発声が、なによりもまず教え込まれた。
「日本手話」であれば、勉強もよく理解できるのに、それよりも、音声言語をあやつれる人に近づくことがベストだと考えられてきた。

「日本手話」がわからない教員が、聴こえない子どもを相手に音声日本語で授業をおこなう。先生の言うことが子どもには分からない。勉強だけでなくふだんの生活でも意志疎通は相当むずかしいだろうと思う。ちょっと信じがたいが、それが日本のろう学校でおこなわれてきた教育だ。

2003年、ろう者にとって第一言語である「日本手話」で教育をおこなうことを求め、ろう児をもつ親の会が中心になって人権救済の申立をしたことについて、申立の全容ならびに「言語権」という考え方を解説した論文などがこの本には収められている。

日弁連は、この申立に対し、2005年に「手話教育の充実を求める意見書」を発表、文部科学省にも提出した。

その意見書にはまず3つの提言が書かれている。
1 国は、手話が言語であることを認め、言語取得やコミュニケーションのバリアを取り除くために以下の施策を講じ、聴覚障害者が自ら選択する言語を用いて表現する権利を保障すべきである。
 (1)手話を教育の中で正当に位置づけ、教育現場における手話の使用に積極的に取り組み、手話による教育を受けることを選択する自由を認める。
 (2)教科書の手話ビデオ化を妨げている著作権法の規定を改正し、教科書の手話ビデオの充実など手話による効果的な教育方法についての助成や、手話で教育ができる教員の養成に取り組む。
 (3)子どもの聴覚障害が判明した場合、家族にも手話を学んでもらうことが大切であり、そのため保護者に対し手話を学習する必要性について説明し、家族に対し手話教育の機会を無料で与えるなど、子どもが家庭や地域で手話を使用できる環境を保障する。

2 教育委員会は、ろう学校に手話のできる教員を積極的に採用するなどして、手話による教育が可能となるような環境を整備するとともに、普通校においても、手話を学ぶ機会を積極的に提供するよう配慮すべきである。

3 ろう学校は、幼稚部、小学部から手話を積極的に活用して子どもの言語能力の取得、向上を図るべきである。


この提言が、まず「手話は言語である」と書いているところに、ろう教育の中で手話がみとめられてこなかった根本的な問題があらわれている。

聴覚“障害”というかぎり、その障害は欠けたもの、劣ったもの、克服すべきものと捉えられがちだ。
「手話は言語である」という立場からは、ろう者は「言語的少数者」と捉えられる。

この本に収録されているろう児をもつ親たちの体験談には、ろう児を家族にむかえた際に、“残念ですが”お子さんは聴こえません、と告げられてきたのだといくつも書かれている。
ろうとして生まれたことは、残念なことなのか?不幸なのか?

それに対して、ろう児をもつ親の会は、「ろう児の人権宣言」として、こううたっている。

ろう児の人権宣言

*私たちの子どもはろう児です
*ろう児は将来ろう者となります
*ろう児とろう者の母語は日本手話です
*私たちは子どもの母語環境を保障し、母語で教育を受ける権利を保障します
*書記日本語を第二言語とするバイリンガル教育を推進します
*ろう児をろう児として育てたいのです
*人としてろう者としての誇りを大切にしてほしいのです
*私たちはろう児とろう者の文化があることを理解し、バイカルチュラル教育を推進します
*「聞こえないこと」は不幸ではありません
*私たちはろう児の人権を守ります

『全国ろう児をもつ親の会』は以上を宣言します
 2002年10月5日
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/447-e861ef17
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ