読んだり、書いたり、編んだり 

青い絵具の匂い─松本竣介と私(中野淳)

青い絵具の匂い─松本竣介と私青い絵具の匂い─松本竣介と私
(2012/07/21)
中野淳

商品詳細を見る

新聞書評欄の隅、文庫・新書の短評でちらっと見て、むしょうに読みたくなって、中公文庫をまあまあ置いてる2駅隣の本屋へ行ってみるも、在庫なし。最寄り駅の本屋で、チェーンの他店に在庫があるというので、注文して2日後に入手。すぐ読んでしまった。

8月に仙台へ行った時、宮城県美で生誕100年の松本竣介展をやっていた。県美へは行かなかったけど、そのポスターを見て、生誕100年やったら祖母と同い年の人なんやと初めて気づく。81で死んだ祖母はまだ最近の人だが、30代半ばで死んだ松本はもうずっと前の人のようで、同世代という感じがしない。

この本は、生前の松本と親しく行き来していた中野淳が、松本との出会いから、その没後までを書いたもの。中野は、1943年、新人画会展に出品された松本の「運河風景」と出会い、この画家に会いたいと強く思い、その年のうちに知人に紹介してもらって松本を訪ねる。松本が31歳、中野は18歳の画学生だった。
戦時体制のなか、戦争画が主流で、「朝日新聞の一面に大きく藤田嗣治、中村研一、宮本三郎ら有名画家たちの戦争画の写真が掲載され、戦争画展開催の報道が連日つづいて、膨大な観客が動員された」(p.15)という時代である。

1944年を、中野はこう書いている。
▼もう絵どころではない時だったが、絵好きな若者たちは、いつ空襲でやられるか、兵隊に征くか、明日も知れない死の不安を抱えこんで、描くことに熱中していたのである。絵を描くことだけが救いであった。(p.25)

そうして描いていた画学校へは、ときおり交番の巡査がやってきて「この非常時に女の裸など描いて非国民め」と怒鳴っていたという。この年、徴兵検査だった中野は、絵に熱中するあまり、その重大な検査の日を忘れるという失態をおかす。恥じて誰にも告げなかったというそのことを、中野は松本にだけ告白した。

兵役拒否なんて考えてるわけではないんだろ?と語った松本は、雑誌「みづゑ」のある号を取り出し、「生きている画家・松本俊介」(松本は当時まだ「俊介」で、後に「竣介」と改名する)のページを中野に示した。それは、「みづゑ」の1941年1月号で軍人を中心におこなわれた座談会「国防国家と美術」に対して、同じ年の春に松本が体を張って書いた抗議文であった。

開戦前夜、すでに映画や流行歌のたぐいが統制されつつあった時代にこの抗議文を書いた松本に、中野は驚愕し、軍人座談会の載った「みづゑ」の古い号を買い求めて、あわせて読むのである。

その古い号と、松本の書いたものとが、少しずつ引用されている。座談会は軍人の強硬な意見で進み、たとえば鈴木少佐の意見は、まるで今のいま、イシンの某市長が言ってることのようで、ぎょっとする。鈴木少佐は「…言うことを聴かないものには配給(絵具の)を禁止してしまう。又展覧会を許可しなければよい。そうすれば飯の食い上げだから何でも彼でも従いて来る」(p.33)と言い切る。

松本のアトリエをしばしば訪れ、絵について、戦争画について、美術について、読んだ本について…中野は松本と語りあった。松本は病気のために中途失聴していて、最初は紙に筆談、しだいに中野とのやりとりは机の上に指で書くのを松本が読むような間柄になり、美術関係の会議があるときなど、中野は松本の通訳のような役もつとめている。その場面も興味ぶかく読んだ。

戦中、戦後の画家や画学生の息づかい、その暮らしぶりや思いに加えて、時代の匂いを感じる一冊だった。宮城県美には寄らなかったけど、松本の生誕100年展は、このあと島根県美と世田谷美術館へまわるというので、もし行けそうなら見たいなと思う。

(9/5了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4457-2df8ac95
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第43回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ