読んだり、書いたり、編んだり 

福島原発の闇 原発下請け労働者の現実(文=堀江邦夫、絵=水木しげる)

福島原発の闇 原発下請け労働者の現実福島原発の闇
原発下請け労働者の現実

(2011/08/19)
文=堀江邦夫、絵=水木しげる

商品詳細を見る

1979年の「アサヒグラフ」誌10月26日号、11月2日号に掲載されたルポ「パイプの森の放浪者」がみつかり、昨年、単行本として編集し直されて出た本。

文章を書いている堀江邦夫さんは、1年近く下請け労働者となって3箇所の原発で働き、その実態を『原発ジプシー』(昨年、増補改訂版の単行本と、加筆修正の文庫『原発労働記 』が出ている)というルポとして書いた人である。

その堀江さんから「パイプの森」というような原発内の様子や、そこで下請けとして働く実態について、手振り身振りを交えて聞いた話と幾枚かのイメージ画像をもとに、水木しげるが描きあげたのが、堀江さんをして「原発内のあの闇が、あの恐怖が、どの絵からも浮かび上がってくる。マスクをかぶったときの息苦しさ、不快な匂い、頭痛、吐き気までもが甦ってくる」(p.90)と言わしめたイラストだった。
原発で働くにあたって思想と身体のチェックを受けた下請け労働者たちは、「防護とは名ばかりの防護服」に身をつつみ、パイプのジャングルのなかで、アラームメーターが鳴るまでの限られた時間で作業をする。

▼肉体を確実にむしばむ放射線、それをたっぷりと浴びてしまったことを告げるアラームメーターの音は、いやがうえにも不安を増幅させ、苛立ちをかきたてる。
 …汗が目の中に流れ込んでくる。しみる。放射線が絶え間なく肉体に突き刺さっているはずだ。が、それを五感で感じることはできない。それだけに、いっそう不安がつのってくる。(pp.40-44)

▼この日の作業目標は、たったバルブ1台の据えつけだった。普通なら2人がかりで30分もあれば十分な作業だ。
 が、それを6人もの労働者が疲労の極限にまで追い込まれながら、それも3時間余りを費やしてもまだ終えることができない。
 これが原発内の「高線量エリア」における、ごく日常的な作業風景なのだった。(pp.47-48)

福島第一原発事故の処理作業では、命綱ともいえる線量計を鉛のケースで遮蔽して"ノルマ"の放射線量をごまかしていたらしいことが報道されている。そうでなくとも、原発作業員の被曝限度は「5年間で100ミリシーベルトかつ年間で50ミリシーベルト」(これも相当高い、一般人の年間許容量は年に1ミリシーベルト)だったものが、昨年の事故後は"作業時間を確保するため"の特例として「年間250ミリシーベルト」に引き上げられていたのだ(昨年12月から、通常基準に戻されている)。

この堀江さんの文章と水木さんのイラストを見ていると、"作業時間を確保するため"に被曝限度が引き上げられたのは、そこまで引き上げなければ作業時間を確保できないくらい福島第一原発内はものすごい高濃度の汚染エリアになっているのだ、ということがわかる。

"通常の"定期点検のときこそが、パイプの森に分け入る原発労働者にとっては大量被曝の時間なのだということは、浜岡原発の被曝労働で亡くなった嶋橋さんの例からもわかることだが、"非常時の"事故収束作業のさなかで、そこで懸命に作業をしている人たちは、いったいどれほどの被曝をしたのかと、想像を絶する。

「あとがき」に、堀江さんが書いている。

▼…1970~80年代はいまでは想像もできないような厳しい時代のなかにあったのです。
 原発推進は国策である、との錦の御旗のもと、原発賛美の広告が華々しく新聞・雑誌のページを飾るなか、原発=電力会社にとって都合の良い記事だけが続々と掲載されるようになり、たとえば朝日新聞社の場合は科学部記者が「原発礼賛」記事を長期連載し、それを同社から単行本として発売する、などといったことが行われていました。その一方で、原発の危険性や問題点を扱った記事については大手メディアでは"タブー扱い"、急速に姿を消していった。(p.87)

この朝日の科学部記者が書いた礼賛記事をまとめた本というのは、大熊由紀子の『核燃料―探査から廃棄物処理まで』(朝日新聞社、1977年)なのだろう。去年から気になっていた本だが、ちょうど近所の図書館にあるようなので、この本を読んだ機に、読んでみようと思う。大熊の『女性科学ジャーナリストの眼』にも、原発や臓器移植の話が書かれているようなので(版元の勁草書房の目次情報)、1970~80年代がどんな状況やったのかという意味でも、読んでみたい。

(7/21了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4407-24cc01ab
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第41回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ