読んだり、書いたり、編んだり 

『ビッグイシュー』194号(7月1日号) 特集=文月。被災地からの手紙

『ビッグイシュー』194号(7月1日号) 特集=文月。被災地からの手紙昨日は、鎌仲ひとみさんの最新作「内部被ばくを生き抜く」上映会&避難者のお話を聞く集いだった。

上映の合間に、最新号の『ビッグイシュー』194号(7月1日号)を買う。7月=文月にちなみ、特集は「被災地からの手紙」。こないだの月曜にお話を聞いた吉野裕之さん(子ども福島)の手紙もあった。

「内部被ばくを生き抜く」は、福島県二本松の風景から始まる。8月のWeフォーラムの会場でもある二本松。分科会1「いま、いのちを守るために」に来ていただくことになった佐々木道範さんのご家族や、そのまわりの子どもたち大人たち。
子どもの弁当をつくるのに「いろどりも栄養も二の次、とにかくセシウムが入ってないかどうか」「毎日毎日迷う」と言っていた佐々木さんのおつれあい。子どもの尿からセシウムが出てしまったことの衝撃。佐々木さんは、いまは大人のケアが要るかもと話していた。子どもを守れなかったんじゃないかという親の苦悩。親が笑わないと、大人をどう笑かすかだと。

光が見えない、ちょっとでも光があればという佐々木さんの言葉もぐっと心にのこった。その二本松へ8月にゆく。

映画上映のあと、関西へ避難してきた方のお話をきく。午前の上映のあとと、午後の上映のあとと、3人のお話をきいて、お昼には上映会主催者の避難してきた方のお話もきいた。当初は「被災地瓦礫の受け入れ反対」を聞いたとき、どう考えていいかわからなかったという率直な話も聞いた。毎日毎日、迷って、考えて、選んで、迷って、調べて、声をあげて、それはものすごくエネルギーのいることで、でも、一人ひとりが知って、考えて、動くしかないとも思った。

会場で話をされた方の手記も載っているという「避難移住者たちの手記」をお願いする。

福島で活動する吉野さんの話もそうだったように、避難してきたご本人の話を聞くことは、"百聞は一見にしかず"という面が確かにあると思った。そして、語られたことばを聞いて、自分の心にうずまくものをじっと考える。
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4393-a7ed5406
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第42回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ