読んだり、書いたり、編んだり 

アニーのかさ(リサ・グラフ)

アニーのかさアニーのかさ
(2010/07/30)
リサ・グラフ

商品詳細を見る

長靴をはいて、傘をひろげた表紙のイラストに、雨の話かな?と思いつつ読みはじめると、「かさ」は、比喩なのだった。

カバーの袖には、こう刷ってある。
「アニー、おまえ、
 前はおもしろいやつだったのにさ
 …今じゃ、気をつけてばっかりだな」


安全であることを気をつけて気をつけて気をつけているアニーは10歳。前なら、メープル坂を自転車で下るのも、風をきって坂を下った真ん中あたりでブレーキをかけはじめ、それでリピーさんのお店の駐輪場にすべりこんでいた。今はそんなことはしない。坂の上で自転車を降りて、押さえながら歩いて坂を下る。肘当て、膝当て、ヘルメット、足首にはテーピングと安全装備も完璧だ。

ママには「心配しすぎだ」と言われるけれど、気をつけてないといけないことはいくらでもある。みんなが危ない!と思うような大きな危険はもちろん、ふつうの人が気にもとめないような危険にも注意を怠ってはいけない。
お隣のハーパーさんの家で、アニーは自分に必要な本を見つけた。『病気予防のすべてがわかる』!病気にならないためにどうすればいいか、病気になったときにどうすればいいかが書いてある。完璧だ。

▼…心配しなきゃいけないことがいっぱいある。…いつも安全でいられて悪いことが起こらないようにするには、どんな危険があるのか、それをどうやってふせぐのか、全部知っておかないといけない。準備しておかないと。そうするしかないんだ。(p.35)

アニーのお兄ちゃんは5ヶ月前に亡くなった。お兄ちゃんが胸が痛いというのを、お医者さんはアイスホッケーのパックが当たったからですよと説明した。でも、お兄ちゃんの胸が痛かったのはものすごく珍しい心臓の病気だった。お兄ちゃんは2日後に死んでしまった。

アニーが心配ばかりして、安全を手にいれようとして、『病気予防のすべてがわかる』を読みふけったりするようになったのは、それから。ママはアニーのことを心配するけれど、ママとパパだって、お兄ちゃんが死んでからというもの、どうかしてる。アニーはこう言わずにいられない。「ふたりとも、ちゃんと、わたしのママとパパでいてよ。お兄ちゃんが死んじゃっても、ふたりとも、まだわたしのママとパパなんだよ」(p.157)

学校の先生や近所の人や友だちに〈お兄ちゃんが死んじゃってかわいそう〉の目つきで見られるのもいやだ。たいていの人が、悲しそうな、心配そうな、ちょっぴりかわいそうっていうのが混じっている目つきでアニーを見る。親友のレベッカとは仲違いしてしまうし、どこにも自分の気持ちのもっていきようがないアニー。

レベッカと「幽霊屋敷」と呼んでいたお向かいの家に越してきたフィンチさんと知りあって、そこで少しずつ自分の気持ちを話す。フィンチさんがいれてくれた「腕のすり傷茶」を飲みながら、お互いのことを少しずつ話した。お兄ちゃんが死んじゃったことも、お兄ちゃんとの楽しかった思い出も。フィンチさんが読んでみるといいわよとアニーに貸してくれたのは『シャーロットのおくりもの』

フィンチさんとまたお茶を飲んだとき、2人でトランプしながら、アニーはお兄ちゃんとよくいっしょにしてた「ブリトーゲーム」のことを語る。フィンチさんはげらげら笑いころげて、アニーの話を聞き、私もここはおかしくて大笑いした。

フィンチさんは、こう言った。「アニー、そろそろ、かさを閉じてもいいんじゃないかしら」(p.188)。家の中で、フィンチさんが何を言い出したのかアニーには分からなかった。

▼「雨が降ると、かさをさすでしょう? ぬれないようにね」
 「でもね、たとえば、長いこと外を歩いていて、雨にぬれないように、ずっとかさをかかげているとするでしょう? そのとき、もし、ぬれないように心配ばかりしたり、まったくべつのことを考えていたりしたら、雨がやんでも、ちっとも気がつかないかもしれないのよ。つまりね、もう雨が降ってもいないのに、かさをさしたままでいるわけなの。ぬれないかもしれないけれど、お日さまの光にもあたれなくなってしまうのよ」(p.189)

フィンチさんの言ってる意味がよくわからないと答えたアニーに、フィンチさんは、いつも心配ばかりしていたら、ジャレッドのことを考えるひまがないでしょう?と続けた。「心配しているほうが、悲しむよりも楽なの。少なくとも、わたしはそう思うわ。だから、自分を守るために心配するんじゃないかしら」(p.190)

もうすぐやってくるお兄ちゃんの誕生日に何をしたらいいかと相談したら、フィンチさんは、ジャレッドのことをただ思いだしてあげるのがいいんじゃないと考えてくれる。思いだすにもいろんなやり方があるのよ、とフィンチさんが教えてくれた話を参考に、アニーは、お兄ちゃんの親友だったトミーと、お兄ちゃんの誕生日にポスターをつくった。ジャレッドを思いだす方法を二人で書いたそのポスターには、ほかの人が書き込めるようにいっぱい線が引いてあった。その日、いろんな人がお兄ちゃんについていいことを思いだしてくれて、ポスターにたくさん書き足してくれた。

フィンチさんとの時間をつうじて、アニーは、ママやパパと、そして親友のレベッカとも、もういちど向きあいはじめる。「雨にぬれないようにかさをさすのは、ひとりでだってできるかもしれない。でも、かさを閉じるには、おおぜいの人たちの助けがいるんだ」(p.253)とアニーは思う。

大切な人を亡くしたときに開いたアニーのかさ。フィンチさんも、夫のネイサンを亡くして、かさを開いていた。自分のかさのことが分かったアニーは、フィンチさんにとっては夫が撮った魚の写真を箱に封じ込めていることがかさなのだと気づき、写真を一枚かざりましょうと提案する。そこから、ママが開いているかさのことも、パパが開いているかさのことも、アニーは気づいていく。

もういなくなった人の誕生日の祝い方、ああこんな思いだしかたがあるんやと、こころがじんわりあったかくなった。

(7/3了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4389-5cfcb72d
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第42回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ