読んだり、書いたり、編んだり 

『現代思想』2012年4月号 特集=教育のリアル 競争・格差・就活

『現代思想』2012年4月号 特集=教育のリアル 競争・格差・就活『現代思想』2012年4月号
特集=教育のリアル 競争・格差・就活

(2012/03/26)


商品詳細を見る

『世界』の4月号と一緒に、『現代思想』の4月号も借りてくる。大学の図書館を使えた頃は、ちょくちょく読んでいたが、久しぶりに見ても相変わらず字が小さい。全部はとても読めんなーという感じ。

特集のなかでは、目次に"教育現場のリアル"と書かれた3本、「センセー、もう話し合うのをやめて、多数決で決めて下さい!」(岡崎勝)という長いタイトルの文章と、「教育疲労の正体」(谷川篤)と、「教育現場にかかる『みえない雲』」(赤田圭亮)をとくに読んだ。

岡崎さんと谷川さんは小学校の先生で、赤田さんは横浜の中学校の先生。岡崎さんと赤田さんが編者をつとめた『日本の教育はどうなるか―教育改革の失策を問う』という本があるらしいので、こんど読んでみたい。
私もかつて結構な額の「奨学金という名の借金」をしたので、「奨学金はどこへ行く」(岡村稔)を読んで、私が過去に申請書類を書いたとき以上に厳しい厳しい状況に、なんとも暗澹とした。奨学金は教育ローンになっているとは、私が大学にいた頃にも言われていたが、ますます金融事業化=お金を貸して回収するものとなっているらしい。奨学とは、学びを奨めることのはずだが、実態はもう相当に違っているようだ。

特集全体をナナメに読んでみてそれなりにおもしろかったが、どうも読みにくいのもあった(とくに○○学、と書いてある人)。

4月号目次
http://www.seidosha.co.jp/index.php?%B6%B5%B0%E9%A4%CE%A5%EA%A5%A2%A5%EB
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4376-452f3a6d
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第41回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ