読んだり、書いたり、編んだり 

十一月殺日(垂水千賀子)

十一月殺日―詩集十一月殺日―詩集
(1990/11)
垂水千賀子

商品詳細を見る

『We』177号の「乱読大魔王日記」で、中村和恵さんの『地上の飯』のことを書き、その号をお送りしてみようと、おつとめ先の大学のサイトにあったアドレスあて、初めて中村和恵さんにメールを書いた。

もうひとつ『ヒューマンライツ』のほうの本ネタ連載「頭のフタを開けたりしめたり」のタイトルは、中村さんの『降ります』にあったイラストから、コッソリいただいていて、そのことを一度おことわりしようと思いながら、もうそっちの連載も8年くらい経ってしまった。

そうして、お返事をいただいたなかに、「あたまの蓋」について、「垂水千賀子さんの詩集『十一月殺日』の最後に出てくる詩に、あたまの蓋をしめなさい! といつもそばにいるひとに叱るところがあるんです」とあった。

古い詩集だったこともあり、図書館へリクエストしてしばらく待っていたら、ヨソの図書館からの相貸でその本がやってきた。このタイトルをいったいどう読むのか?というのが気になってしかたがないが、詩集をあっちこっちめくってみるものの、手がかりを得られず。(あとで、図書館の書誌情報を探してみてまわったなかに「ジュウイチガツ サツジツ」と書いてあるものがあった)
中村さんが教えてくださったその詩は、「友達」というタイトルで、詩集の最後に収められていた。

冒頭はこうだ。

▼いつも身近にいる人についてわたしは悩む
 その人は致命傷の蓋を閉じるのをすぐに忘れる
 バタンバタンさせたまま
 やたら動き回るので
 とにかく におう
 その人がやってくると
 ドアの向こう側から つん、とする
 ほら きた きましたよ
  (後略)

(友達、p.84)

中ほどに収録されている「ゴールのランナー」という詩もおもしろかった。
読んでいって、しまいまできて、モンキーさんの「おべんとうマラソン」(『特急おべんとう号』収)を思い出した。

そのしまいのところはこんなだ。

▼ (前略)
 バンザーイ!
 一等賞!
 タコ 歓喜に咽びながら振り返った
 両手を高く上げながら
 ニタアァァリ ニタアァァリ
 振り返った
 と、後ろにタコがいた

(ゴールのランナー、p.44)

どこでどうやって取り寄せて読んだのか、ほとんど全く記憶にないが、自分が書いた過去記事によると、私はこの詩集を2004年の3月に読んでいるらしい。

読んだ本は、タイトルだったり表紙だったり、どこか断片くらいはおぼえていることが多いが、この本については、全く記憶がない。いったい何をきっかけに知ったのかも、思い出せない。そういう点でも、ふしぎな詩集。

(6/16了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4369-937c0ffa
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第39回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ