読んだり、書いたり、編んだり 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくたちは生きているのだ(小林茂)

ぼくたちは生きているのだぼくたちは生きているのだ
(2006/07/20)
小林茂

商品詳細を見る

『チョコラ!』の本とあわせ、上映会の日に買った本。帰ってからすぐ読んでしまう。小林さんの、"チョコラ!以前"の半生記。

小林さんの両親は、1940年に結婚して中国へ渡っている。旧満州地方を転々とした後、敗戦を迎え、1946年に大連から舞鶴へ引き揚げた、という。2歳の子と乳飲み子を抱えて帰還船に乗り、日本に戻ってからその2人の子を相次いで亡くしている。戦後にうまれた2人の子も幼くして亡くし、全部で7人の子どもをもうけた両親に残ったのは、3人の男の子。その1人が小林さんで、1954年、新潟うまれ。

小林さんが会ったことのない亡き姉兄は、私の叔父や叔母と同じくらいの歳で、「中国残留孤児の話は他人事ではない」と書く小林さんの言葉に、残留孤児の肉親捜しのニュースを見て涙を流していた母をちょっと思いだす。小学生だった私は、ニュースを見て母がなぜ泣くのか分からずにいたが、同世代の母にとっても、他人事とは思えなかったのだろうかと今は思う。
1970年代のはじめ、京都の大学へ進んだ小林さんは、古本屋で出会った『田中正造と近代思想』の本で足尾鉱毒事件を知り、地図を買って、事件の舞台となった渡良瀬川流域へ旅に出る。18歳のときだ。

それが人生の岐路になったと小林さんは書く。

豊かな恵みをもたらしてきた渡良瀬川は、古河財閥による銅山開発によって、毒の水が流れる川となった。農民を死に追いやる政府を、田中正造は「亡国」と追及したが、ついに政府は足尾銅山=古河財閥を守った。最後は鉱毒事件を治水問題にすりかえ、谷中村を滅亡させた。

原発事故を重ねて思う。
政府は、ついに原発=電力会社を守るのか。原発事故を電力問題にすりかえ、人のいのちを滅ぼすのか。

小林さんは足尾の茫々たるハゲ山を前に、「机上の学問では、公害はわからない。現地に行ってみることから始めなければならない」という宇井純の考え方を、本当だと感じたという。そして、アルバイトで資金を貯めた小林さんは、広島、水俣、長崎を回る旅に出る。

私は小林さんのことを、新潟水俣病の被害地域の暮らしを撮った映画「阿賀に生きる」を撮影した人として知っていたが、その他にもかずかずの映画に関わり、写真を撮ってきはったことを、ぜんぜん知らなかった。アルバイトをしながら、ドキュメンタリー映画の自主上映、写真、映画撮影、編集、監督などをやってきた人なのだった。

大学時代の友人・江口和憲さんが第二びわこ学園に勤めていた縁で、学園の写真を撮った。学園を知ってから30年後には映画をつくる決心をした。その矢先に小林さんは脳梗塞で倒れ、「私を大きく変えた」という病気体験を経て、学園にかかわる人たちを撮影する。かれらの「存在感」をテーマとして。

そしてできた映画「わたしの季節」のことが、本の最後の章で書かれている。びわこ学園は、「この子らを世の光に」と言いつづけた糸賀一雄の近江学園につながるところ。123人が生活する学園には、123通りの一日がある、という。

小林さんは「すべて人との出会いである」と書く。その出会いから、写真を撮るようになり、カメラをまわすようになった。

カバーの袖に「ウガンダの子どもたちがはじめて描いた絵」がある。この絵もいい。ウガンダの出会いが、「チョコラ!」につながっている。

(5/26了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4344-60180e5c
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第44回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。