読んだり、書いたり、編んだり 

わたしのしくみ(夏石鈴子)

わたしのしくみわたしのしくみ
(2012/03/27)
夏石鈴子

商品詳細を見る


図書館でちょっと待ってた夏石鈴子の『わたしのしくみ』が届いて、その日のうちに読んでしまう。こんどはどんな話かな~と思っていたら、デビュー作の『バイブを買いに』を思い出す、夏石エロ系の一冊だった。

エロといっても、擬音語と鼻息や吐息ばかりが表現されているようなエロ本とは違い、生活してる中にエロもちゃんとおさまっている感じ。なにより私が夏石エロをスキなのは、「わたし」の感じ、思い、考えがこまやかに書かれていることだ。この本に入っている7つの話に出てくるどの「わたし」も、ああこういう人なんやなあと、読んでいる私のこころにたちあがる。

7つの話のうち、とくに「あなたの指で汚してちょうだい」と「資源回収日」がよかった。
▼邦江は、もし自分を小動物にたとえたとしたら、それは蛸ではないかと思っている。その蛸はとても小さく、いつも陣地と決められた蛸壺にひっそりと息をしている。壺の中にさえいれば、決して棒でつついていじめられることもなく、敵に襲われることもない。自分はそんな風に暮らしていくのだとうっすらとした決意で、これまで過ごしてきた。(pp.47-48)

▼自分がしたくないのに、セックスすることを「義務」や「義理」だなんて思う人もいるかもしれませんが、義理のどこが悪いのですか? 本音しか言わないなんて思いやりがありません。セックスなんて、よく考えれば不自然なことですから、そんな無理も必要です。そうでもしないと、生活の中ではいつの間にか風化してしまいます。(p.144)

カバーの絵はバラ。これがまたなんともエロい。

(5/17了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4330-09da4808
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第40回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ