読んだり、書いたり、編んだり 

JCIL緊急学習会 「尊厳死ってなんやねん!?」(4/10、京都)

明日行く予定です。講師の桑山さんとは、昨春の李国本修慈さんの講演会のあと、「ビールを飲みにいきましょう」というのにご一緒し、こないだラーの会@西宮で久しぶりにお顔をみました。

JCIL(日本自立生活センター)緊急学習会
「尊厳死ってなんやねん!?」
2012年4月10日(火)13時半~16時
@京都市地域・多文化交流ネットワークサロン
講師は桑山雄次さん(全国遷延性意識障害者・家族の会

詳しくは以下、
JCIL緊急学習会「尊厳死ってなんやねん!?」

今、国会で「尊厳死法(案)」が提出される動きがあります。
これは、かなり危険な動きです。
この法案は、患者(ないし家族)の意思に基づいていたら、お医者さんが治療をやめても、お医者さんは罰せられないよ、という法案です。

けどもしこんな話が通ったら、もっと生きたい!と思う人たちも、なんとなく承諾させられて、尊厳死させられて(=殺されて)しまうかもしれません。窮地におわれた苦しい立場にあるとき、人は本当に自己決定をできるでしょうか。

障害をもつ人や家族にとっては、とても他人事ではありません。
どんな重い障害をもっていても、どんな状態になっても、生きていることは尊いはずです。

死ぬこと、殺すことを社会的に正当化する法律なんてつくらしちゃダメなはずです。
JCILでは、国会議員たちによる「尊厳死法案」とりまとめの動きを受け、緊急勉強会を開催します。

講師には、全国遷延性意識障害者・家族の会会長の桑山雄次さんをお招きします。
桑山さんは、17年前に息子が遷延性意識障害(いわゆる植物状態)となり、以降、家族・親という当事者の立場から、これまで医療的ケアの介護職への解禁や尊厳死法制化などに対して精力的に活動されてきた方です。

その他、この問題を追っている新聞記者さんなどにも来て頂き、最近の情勢をうかがいます。当事者及び関係者まじえて、この問題について勉強していきたいと思います。ぜひ、ご参加ください。
※おおよその人数把握のため、参加していただける方は、事前にご連絡いただけたら幸いです。電源確保等必要な方もお知らせください。

日時:2012年4月10日(火)13時半~16時
場所:京都市地域・多文化交流ネットワークサロン(京都市南区東九条東岩本町31)
JR京都駅、京都市地下鉄九条駅、京阪「東福寺」から、徒歩で各10分~15分です。
アクセス→http://www016.upp.so-net.ne.jp/k_salon/access.html

連絡先:日本自立生活センター 京都市南区東九条松田町28メゾングラース京都十条101 電話075-671-8484 ファックス075-671-8418 メール:jcil(a)cream.plala.or.jp

-----

「いわゆる植物状態」というときの"植物"が、私はずっと気になる。植物は変幻自在なところがあって、環境によってずいぶんと存在様態を変えたりして「これが同じ植物か!」というびっくりがある。その自由さ、植物がみずから自分を新たにしていくような性質のことを、「いわゆる植物状態」という表現は全然みてないなと思うので…。

と、『植物的生命像』をまた読みたいなと思い出す。
関連過去記事 【1】 【2】 【3】
Genre : 日記 日記
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4299-14dc36b8
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第43回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ