読んだり、書いたり、編んだり 

図書館の神様(瀬尾まいこ)

図書館の神様図書館の神様
(2009/07/08)
瀬尾まいこ

商品詳細を見る

「ブックマーク」に寄せてもらった「本のアンケート」にこの本のことが出てきて、久しぶりに借りてきて読んだ。さいしょは単行本を読んだから、もう3度目か4度目。

名前の通り清く正しい人間だった清(きよ)は、「バレーボールが全て」という高校生だった。将来は体育大学に進んで、ずっとプレイをするはずだった。しかし、あることがきっかけで、ずっと描いていたものから、清の道は外れた。地元を離れ、地方の小さな私立大学へ進学した清は、国語科の講師として鄙びた高校へ赴任する。好きだったバレーボールを顧問の立場で、という思惑は外れ、清は文芸部の顧問をわりあてられた。

部員はただ一人、3年の垣内君。中学のときは3年間サッカー部だったという垣内君は、高校でサッカーより楽しそうなもの、文学を見つけたと文芸部に入っていた。国語の免許をもっていて、文学部を出た清だが、文学の何がおもしろいのかよくわからない。
清の下宿へ、海が見たいと弟の拓実がしょちゅうやってくる。清く正しくはなかったが、底抜けに優しいという拓実は、こんなことを言ったこともある。
「きっぱりさっぱりするのは楽じゃん。そうしてれば正しいって思えるし、実際間違いを起こさない。だけどさ、正しいことが全てじゃないし、姉ちゃんが正しいって思うことが、いつも世の中の正しさと一致するわけでもないからね」(p.53)

一年はあっという間にすぎて、卒業式の一週間前に、三年生を送る会と主張大会がある。垣内君は、用意した作文用紙を読まずに、みんなに語った。
「…文学なんてみんなが好き勝手にやればいい。だけど、すごい面白いんだ。それは言っておきたい。だから、僕は三年間、ずっと夢中だった。毎日、図書室で僕はずっとどきどきした。ページを開くたび、文学について言葉を生み出すたび、僕はいつも幸せだった。冬にサイダーを飲んだり、夏に詩を書いたり、毎日、文学は僕の五感を刺激しまくった」(p.187)

卒業式の日に、清と垣内君が交わした言葉は「おめでとう」「ありがとうございます」「これからもがんばってね」「はい」。
何だか物足りなく思う清。一年近く、一対一でいろんなものを共有してきたのに、と思う。
▼だけど、生徒ってそんなものなんだ。教師は特別な存在でもないし、友達でも何でもない。ただの通過点に過ぎないんだなって。それでいいんだと思う。それがいいんだと思う。私は自分の前を過ぎていく高校生をもっと見ていたい。図書室でサイダーは飲まないにしても、もっと学校でどきどきしていたい。そう思った。(p.189)

卒業式の場面を読んでいて、ハタとかウタ問題はこの清の学校にはあらへんのやなと思った。私は高校のとき、いつの年だったか、ハタを揚げると主張する校長を、他の教職員で止めた、という話をある先生から聞いたことがある。ハタやウタにあまり直面したおぼえがないせいか、私が学校の式関係でいつもいやだったのは、老いも若きもするするとよく使う「父兄」という言葉だった。高校の入学式でも、フケイのみなさん、フケイのみなさんと繰り返す先生がいやだったのは、今も思いだす。

この言葉はほんとうにしぶといと思う。家長としての父、あるいはその継承者としての長兄、女はその代理でしかないのだという制度は、すでに何十年も前に消えたはずやのに。

こうして、『図書館の神様』は、私の記憶と五感を、毎度ちがったように刺激する。

(3/4了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4263-d37cc24f
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第43回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ