読んだり、書いたり、編んだり 

好奇心ガール、いま97歳(笹本恒子)

好奇心ガール、いま97歳好奇心ガール、いま97歳
(2011/09/29)
笹本恒子

商品詳細を見る

笹本恒子さんが写真を撮ってる人だということは、ぼんやり頭にあったが、97歳ですか!とやはり年齢を知って、驚く。そういう反応がイヤだからと、ある時期まで笹本さんは年齢をはっきり言わずにきたそうだが、1914年うまれ、いまも現役というのはやはりびっくりする。もう20年近く前に死んだ私の祖母は、笹本さんと2つ違いの1912年うまれだった(もし生きていたら、ことしは100歳だ)。10年すこし前に死んだ母は50代だったから、ひとの寿命はそれぞれとはいえ、長いこと生きはる人もおるんやなあと思う。

一人称「わたくし」で書かれる、1世紀近く生きてきた笹本さんの人生。

ワインになぞらえた撮影の話に、写真家が人を撮るのは、そういうことかと思う。ただシャッターを押せば写る、というだけではない、写真家がひきだす、その人のすがた。
▼ワインの楽しさは、友人、知人が訪ねてきたときなど、20分、30分とおしゃべりをするうちに味が変わっていくところですね。
 これは、人間も同じ。
 撮影ではじめてお会いした人と写真を撮りながら話をしていると、その人のいろいろな面が徐々に出てきて、表情も変わってくる。わたくしは、そういうところに写真の仕事のおもしろみを感じています。ワインも人もつくづくおもしろい。だから、やめられません。(p.37)

女学校を卒業するころ、先生が「将来は何になりたいですか」とたずねると、おおかたの女の子は「いいお嫁さんになりたいと思います」と答えた。そういう時代に、笹本さんは「絵描きになりたいです。でも、なれなければ小説家になりたいです」と答え、「それがダメでしたら、新聞記者になりたいと思います」と言ったそうだ。

『We』176号
で話を聞いた田中恒子さんも、かつて絵描きになりたいと思い、美術系の大学への進学を希望するが、親にいかぬと言われている。その田中さんより30ほども年上の笹本さんも、やはり「趣味で絵を描くのはいいが、女絵描きになんてとんでもない。嫁のもらいてがなくなるし、食べてはいかれない」と大反対され、女子美への進学は許されなかった、という。

いま、絵描きになりたいと思う女は、反対されずにいけるんかな、どうやろと考えた。

(2/3了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4230-6ddaa612
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第43回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ