読んだり、書いたり、編んだり 

『We』175号ができました(特集:暮らしを自分の手に取り戻す)

『We』175号ができました。ウチにもどーんと50冊届きました。web注文お受けしてます!

直近で、私が『We』を背負って売りにいくところは、12/2(金)の晩、弁天町市民学習センター(鎌仲ひとみさんの講演会)、12/14(水)の晩、箕面・らいとぴあ21(「こどもの貧困にどうかかわる?」セミナー)の会場です。追記:12/4(日)の午後、豊中・すてっぷ(沼崎一郎さん講演会「なぜ男は暴力を選ぶのか」)でも販売OKとなりました。
-----
We175号巻頭のリック・タナカさんは、エネルギーはピークを越えて下降時代に入っている、気候変動も大きい、その中で暮らしそのものを見直していかなければと語ります。「原発を止めても、電気は足りる」という主張をも問い直すお話です。

自身も広島で被爆し、被爆者と向き合って診察を続けてきた医師・肥田舜太郎さんは、隠されてきた原爆被害のこと、内部被曝のこわさについて怒りをこめて語り、命を大切に生きることを訴えます。

学生時代にエクアドルに出会いフェアトレードの仕事をつくってきた藤岡亜美さんの、命を大事にする地域づくりの話、311の震災直後から東北へ入り被災障害者支援を続けてきた八幡隆司さんの、災害が起きたときのことをふだんから話し合える地域づくりの話、いずれも「暮らしを自分の手に取り戻す」ことを問いかけます。

特集:暮らしを自分の手に取り戻す

【お話】リック・タナカさん
降りていくための処方箋─エネルギー下降時代をどう生きるか

【講演録】肥田舜太郎さん
内部被ばくの怖さ―原爆から原発まで ←まとめをしました

【お話】藤岡亜美さん
フェアトレードでつなぐ地域といのち

【報告】ゆめ風基金・八幡隆司さんのお話より
「防災」はコミュニティをつなぐ道具 ←報告記事を書きました
【家庭科新時代】
・オホーツクの潮風荒く(江口凡太郎)
・授業実践 風がかわる匂いがかわる(森下広子)
 「働く」」ことについて考える
・「ひまわり」の日々:変わるか「地域生活支援サービス」(入江一恵)

【連載】
・往復書簡:不具合(木村栄・向井承子)
・乱読大魔王日記(冠野文)←管啓次郎の本のことを書きました
・同時代の男性学:震災と「男らしさ」(沼崎一郎)
・遊びをせんとや生まれけむ:home(西川正)
・ジソウのお仕事:アモ?(青山さくら)
・取り乱し アフター風俗の日々:リーダーシップ(鈴木水南子)
・お勧め最新映画情報:(シネマとフェミニズム研究会)

・読者のひろば

■ □ ■ 『We』のご注文 ■ □ ■ 
この号だけ!の購入もできます↓
▼1冊800円(送料80円)
 175号 http://femixwe.cart.fc2.com/ca18/72/p-r3-s/

定期購読のお申し込みは、こちらへ↓
▼隔月発行、年6冊 5,000円(送料込)
毎号の『We』を発行日にご自宅や職場へ直接お届けします。送料が割引になり、お買い忘れもありません。
 定期購読 http://femixwe.cart.fc2.com/ca15/33/p-r15-s/
Genre : 日記 日記
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4182-8e1b5327
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第40回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ