読んだり、書いたり、編んだり 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希望と勇気、この一つのもの―私のたどった戦後(澤地久枝)

希望と勇気、この一つのもの―私のたどった戦後希望と勇気、この一つのもの
―私のたどった戦後

(2008/06/05)
澤地久枝

商品詳細を見る

澤地久枝は1930年うまれ、4年前に死んだ小田実の2つ上、小沢昭一の1つ下(うちの父より5つ上だ)。幼少期に満州に渡ってそこで敗戦をむかえ、翌年引き揚げてきた。

▼わたしが敗戦前後のことを話題にすると、「またか」という顔に出会う。「生れてません」と初老の人にいわれる。経験した生き残りの数はすくなくなっても、知っておくべきことはある。体験のひきつぎ、追体験などできない、と言った人がある。それはそうだ。しかし、他人の経験を知り、理解し、自分の知らない時代や社会を知るための素材やきっかけにすることは可能であるし、必要なことではないのか。(p.8)

敗戦の年に44歳だった渡辺一夫がフランス語でしたためていた日記(子息が日本語に訳し『敗戦日記』として公刊)に言及して、澤地は、守りぬかれた「希望」のかけらをそこに読む。〈来たれ、平和よ〉という思いを。

逃げるドイツ軍兵士たちは〈ゲシュタポに射殺され、どの死体にも「私は祖国を裏切った」という標識がつけられていた!…〉、この話をすでに戦時中に渡辺が知っていたことへの驚き。

澤地が、自身の「棄民体験」と知人の便りを通じて知ったYさん(澤地の2つ下)の「棄民体験」を書いたところは、朝比奈あすかの大伯母・よしが語った話にも重なる(『光さす故郷へ』)。

▼「棄民」がどんなものか、軍隊はいかにあてにならないか、国はいかに簡単に消えてしまうか、Yさんの敗戦体験には、大人の知り得ない哀れな苦しみが巧まず表現されている。(p.13)
そして、新しい時代へのとまどい、レッドパージ、政治の季節─出版社に勤めながら夜学で大学へ通った澤地のたどった戦後が書かれる。

"Freedom for the thought that we hate"─Judeg Holmes
1960年代、手帖の扉に、澤地は毎年このホウムズ判事の言葉を記したという。自分たちが憎む思想の自由、どんな言論であろうとも、その自由は守られねばならないと、骨身にしみるように思っていた、自戒のために毎年手帖の扉に書きついでいた、という。

自分たちが憎む思想は、排斥し、否定する、そんな雰囲気をこのごろ「どちらの側にも」感じる。澤地が30代のころに毎年書きつけたという言葉とともに、巻頭に置かれたこの言葉をこころに刻みたく思った。

夢みる勇気のない者には、たたかう力はない

(11/19了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4167-1340db58
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第44回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。