読んだり、書いたり、編んだり 

ヒロシマを生きのびて―被爆医師の戦後史(肥田舜太郎)

ヒロシマを生きのびて―被爆医師の戦後史ヒロシマを生きのびて―被爆医師の戦後史
(2004/02)
肥田舜太郎

商品詳細を見る

次のWeで掲載する肥田さんのお話をまとめた原稿を補足する参考にとこの本も借りてきて読んでみた。ヒロシマを生きのびて、肥田さんは山口の国立病院で労働組合の仕事をすることになり、下山事件、三鷹事件、松川事件と続いた1949年の秋に、レッドパージにあう。

それから東京へ出て、民主診療所の設立にかかわり、臨床医として歩みはじめた肥田さんは、あるとき、患者の「おまえんとこのやぶ医者のお陰で、大事な娘、台なしにするところだった」という声を看護婦から聞かされる。その患者に謝る機会をあたえられたのも、看護婦によってだった。

看護婦たちに鍛えられ、患者に育てられて、肥田さんは患者と医療との関係を考える。親しい藤間医師と、こんな話をしている場面がある。
▼「患者は、黙ってからだをみせれば医者は病気を治してくれると思いこまされてきました。そうしつけたのは医者です。以前、なんでも正直に言ってくれなきゃ困ると言うと、正直に話したら『患者のくせに生意気だ』『黙って医者にまかせればいいんだ』と叱られたと言われました」(p.106)

医者だって、高名な先生に診てもらって「あれで具合が悪くなった」とは滅多に言えない、まして素人の患者は、恐れ多くて医者には言えないのが普通だろうという肥田さんに、藤間医師は、いつからそんな風に考えるようになったのかと問う。

▼「原爆からかもしれません。何百、何千という放射能患者を診て医学医療の無力さを体験して、命を守るのは病人自身の心とからだ、医師は医学と医術で手伝うだけ。その医学、医術も不完全で分からないことばかりです。謙虚に患者に学ぶことが一番と思うようになりました」(p.106)
肥田さんは、埼玉での民主診療所設立のために移住する。それからはずっと埼玉で医療にたずさわるとともに、市議会議員としても二期つとめる。この本の多くは、民医連の運動記であり、海外で被爆の実相を語ってきた記録だった。

海外行の話の中では、1985年に旧ソ連へ行ったときの、「働く者が主人公の民主主義社会と縁遠い、上意下達の官僚統制社会そのもの」「大衆が自由に物の言えない、暗く抑圧された雰囲気」という肥田さんの印象と、わずか5、6年後にソ連解体が起きるとは夢にも思わなかったというところ、ヨーロッパの討論会での「社会主義の"正義の核"」と「帝国主義の"侵略的な核"といった語られ方に、時代を感じた。また、これは今もあるが「核の抑止力」論は、やはりずっとあるんやなと思った。

肥田さんは「核兵器を持たない国も一度、持ちこまれれば核の加害国に変わり、核戦争の引き金を引く危険な役割を負うことになる」(pp.210-211)、「核戦争の後には何物も生き残れないことを忘れてはならない。人類の絶滅を防ぐには全面禁止以外にないことを被爆者は確信している」(p.221)等の訴えをしてきた。

広島の福島病院の話も印象的だった。『この世界の片隅で』でも書かれた福島町、そこに開設された診療所は、ABCCや厚生省の被爆行政に忠実な、つまりはアメリカの言うままに近い「人間不在の被爆者医療」(ABCCは医療とも言えない気がするが)に対して、被爆者の立場で医療をおこなっていたという。肥田さんが被爆者に対する医療を具体的に学んだのもこの福島病院だという。

(11/14了)
 
Comment
 
 
2011.11.18 Fri 23:49 乱読ぴょん(冠野 文)  #-
sachiさん、
We176号は、本日ぶじ入稿、発送は横浜より11/29の予定です!
お待ちくださいね~
176号、11/29に横浜発です  [URL][Edit]
失礼、連載ではありませんでしたね。

We届くの楽しみにしています。
  [URL][Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4163-9b0e968f
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第42回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ