読んだり、書いたり、編んだり 

子どものことを子どもにきく―八年間の親子インタビューから(杉山亮)

子どものことを子どもにきく―八年間の親子インタビューから子どものことを子どもにきく
―八年間の親子インタビューから

(1996/12/09)
杉山亮

商品詳細を見る

土曜日曜と2日もあるユニバーサルミュージアムのシンポ、はたして体力がもつか?と思いながら、木曜の行商と金曜の取材をこえて、てくてくと会場のみんぱくへ行く。申込みが多くて受付を締め切ったと聞いていたとおり、会場のセミナー室はパイプ椅子も出していっぱいで、昼から日が暮れてしまうまでの数時間、座って発表を聞くだけといっても、くたくたになって帰る。

ふだんはほとんどテレビを見ないが、晩の8時からめまいの特集番組(「これで安心!めまい」アンコール放送)があったので何か参考になることがあればと久しぶりにテレビを見て、そのあと9時からテレビ欄でみつけた錯覚の番組(五感の迷宮「脳が作る錯覚の世界」)を続けて見る。

日曜は朝からまたシンポへ行くし、さてもう寝るかと思いながら、ぴらっと『子どものことを子どもにきく』を読みはじめたら、これがやはりおもしろく、するするとしまいまで読んでしまう。

ひょんなことがきっかけで、杉山さんは、下の子・たかしさんが3歳のときに駅前の喫茶店でインタビュー(喫茶店で「ところてん」が出るところがいいなあ)。

それから8年間、たかしさんに年に一度インタビューしたのを、まとめた本。おもしろいところはいろいろあったけど、とくに杉山さんが本文カットとして描いているインタビューもようや、たかしさんの発言内容のイラストのところがえらいおもしろかった(たとえば「隆の推測によれば、人間の頭の中には一生に使うものが最初から全部入っている。…」のイラスト)。
3歳から毎年のインタビューと思うと、そんなトクベツな日のことは、子どももずっとおぼえてるんちゃうかとつい思ってしまうのだが、たとえば10歳のたかしさんは、はじめのほうのインタビューのことはもうだいぶ忘れていたりする。たまたま、たかしさんの場合は、父の杉山さんがインタビューをまとめて小さな雑誌に載せたりしていたから、その記録があって、ああこんなことしゃべったのかとあとで分かる。

3歳や4歳や5歳の子どもは、自分で言葉を記録することもまずないし、周りの大人がその言葉を拾って書きとめるようなことがなければ、本人も周りも忘れてしまうやろうなーと思う。

▼いつの頃からか、大人と子どもの関係は「教育-被教育」「保護-被保護」の枠組みで見るのが当たりまえになってしまった。
 だから、伝達することには慣れているが聞くことは苦手だ。
 たずねれば相手の意志や意見を尊重せねばならないし、答えに即して自分の考えを述べねばならない。
 …子どもを教育や保護の対象として語らねばならぬ部分があるのは当然だが、そうではない部分もたくさんある。
 そう気づけば、両者は同時代を生きる人間同士だ。
…大人と子どもはごくふつうの世間話がなさすぎる。
 そして、あらためてインタビューしてみると、毎日顔をあわせている親子の間ですら、けっこう知らないことはあるものだ。
 わからないままわかったつもりになって聞き流していたり、インタビューする大人の側の姿勢こそが問題として浮きあがってきたりする。
…[インタビューは]やはり基本はひとつの話題をだしにしつつ、自分または自分と相手との関係についての検証の場をそこに作るということなのだろう。(pp.196-197)

こう読んでみると、べつに大人と子どもの間だけでなくとも、「自分と相手」のあいだに場を作れるなら、インタビューはいろいろやれそう。おもしろそう。

(10/29了)
 
Comment
 
 
2011.11.06 Sun 00:13 さわひろ  #HfMzn2gY
この本おもしろそうですね。
インタビュー、してみたらどんなんやろかと想像しながら読みました。毎年するんですよね、ちゃんとした記録になりそう。ほんと、親は子どもに伝達することには慣れてるけど、相手の言葉を丁寧に聞いてやるときって、そんなに多くない。なるべく聞こう、聞こうと思っているのに、いつの間にか一方的に喋っている・・・・。私もやってみようかなと思いました。記録するのも大事ですね。

娘はばりばりの関西弁ですよ(DK語も話しますが)。
最初の言葉が「あかん!」でした、笑。
  [URL][Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4145-97719e9a
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第41回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ