読んだり、書いたり、編んだり 

「原子力ムラ」を超えて―ポスト福島のエネルギー政策(飯田哲也、佐藤栄佐久 河野太郎)

「原子力ムラ」を超えて―ポスト福島のエネルギー政策「原子力ムラ」を超えて
―ポスト福島のエネルギー政策

(2011/07/26)
飯田哲也、佐藤栄佐久 河野太郎

商品詳細を見る

こういう本は今なら予約つきまくりかと思ったら、そうでもなく、図書館の新着棚にあったのを借りてきて読む。『原発社会からの離脱』の飯田哲也、『福島原発の真実』の元福島県知事・佐藤栄佐久、核燃料サイクルについて危険性よりも経済合理性から無意味さを追求しようとしてきた自民党の異端児・河野太郎という「原発と戦ってきた」3人による本。

"原子力ムラ"の体質、国策のもとに地域をふみにじってきた国の姿勢、それに対していかに地域が対峙してきたか、3.11以降の政府や各国の動向、さらには未来のエネルギー政策の可能性について書かれている。

かつて原子力ムラの内にいて、そこから外へ出た飯田は、日本の原子力のもっとも本質的な欠陥はつぎの2点だとあげる。

(1) 安全審査が実質的ではなく空疎であること
(2) 技術の本質が底抜けであること (p.27)
原子力の安全審査には分厚い審査書があるというが、その審査会はわずか2時間ほどで、「分厚い審査書をその場で見せられて安全性を評価できる専門家などいるはずがない」という簡素なセレモニー。そうそうたる専門家が審査会には名をつらねているというが、実質的に審査書をレビューしているのは、国(原子力安全・保安院)の担当官、それも飯田の経験からいえば「情報公開されたときに反対派やうるさいマスコミに突っ込まれないか」という視点での字面のチェックに終始するばかりだという。

技術についても、「日本の原子力技術がアメリカからの借り物」というのは単なる比喩ではなく、文字どおりカーボンコピーで、日本の原発関連の設備機器はすべてこれにしたがって設計・製造・検査がおこなわれるという「告示501号(発電用原子力設備に関する構造等の技術基準)」の実態は、アメリカの原子力機器基準であるアメリカ機械工学会(ASME)規格の焼き直しだという。

日本の原子力御三家である東芝、日立、三菱重工でさえ、今日に至るまで原子炉の基本設計パッケージをつくることができなかったということは、たとえば東芝がウェスチングハウスを買収せざるを得なかったことにあらわれている。

佐藤さんが、知事時代にプルサーマルについて「白紙」から検討を始めた検討会の中間とりまとめ「電源立地県 福島からの問いかけ あなたはどう考えますか?~日本のエネルギー政策~」(pdf、2002年9月)について、もう9年も前のものだが、その有意性はむしろ増している気がすると書いている。

▼国は、「日本経済に必要な電力を供給するには、絶対に原発が必要である」という姿勢を崩さない。さらに「ウランを燃やしてできるプルトニウムは、貯め過ぎると外国から疑われるから、再利用しなければならない」として、プルサーマルの必要性も説く。つまり、「必要だから必要である」という理屈を延々と繰り返しているわけだ。(p.60)

この姿勢、原子力ムラの体質は、変わっていない。

河野太郎があとがきにこう書く。
▼6月18日、経産大臣が定期点検後の原発再稼働を求め、各地の原発は安全だと宣言した。しかし、その内容たるや、何年後までにこうした措置をとるという予定を並べただけだった。しかも、原子力発電所を運営する企業の隠蔽体質はまったく問題視されなかった。事故が起きたときにそれに対処する能力がないことを露呈した保安院や原子力安全委員会という組織をどうするか、シナリオを読み合わせているだけと酷評された安全訓練などのソフトウェアについては何も触れられていなかった。
 政府が発表する基準値に対する信頼は、今やまったくない。3月11日以来、リスクコミュニケーションというものが成立していない。
 そしてなによりも、核燃料サイクルという日本の原子力政策そのものがもはや成り立っていない。30トンを超える核分裂性のプルトニウムをどうするのか、再処理工場は稼働させるのか、使用済核燃料をどうするのか、そして放射性廃棄物の最終処分をどうするのか。
 エネルギー政策を、この際、白紙に戻して、合理性、論理性の観点からしっかり再検討していこう。そして、それができればその他の不合理な政策、利権でゆがめられた政策もただすことができるだろう。
 それをやることが正しい政治主導のはずだ。(pp.244-245)

佐藤さんも河野さんも「バリバリの自民党、それも保守本流」の人だというが、飯田が書くように、2人のものを読んで、現実を見つめてきた個人とその「党派性」は安易にむすびつけられるものではないなと思ったし、自民党への見方が少し変わったというのは私もそう思った。自民党の主義主張には、自分と相容れないものもいろいろあるけど。

(10/23了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4142-ddf18550
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第41回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ