読んだり、書いたり、編んだり 

珍日本紀行(都築響一)

珍日本紀行

都築響一の『演歌よ今夜も有難う』のあと、都築づいて図書館の本を検索していて、あーそうそう『珍日本紀行』と思って、予約した。

届いた本を見て、ぎょっとした。
デカい。重い。


私の頭にはたまに本屋でみるちくま文庫の並びのなかに『珍日本紀行』があったという記憶があって、文庫になってるような本の親本がこんなに巨大なもんだとは思わなかった。さすがに持って帰るのにひるみ、何日かは図書館内で閲覧し、それから借りて帰った。(帰ってから調べると、ちくま文庫では西日本編と東日本編の分冊になっていた。)

借りて帰って気づいたが、値段もすごかった。税込みで9800円

「後記」で都築はこう書いている。
▼…おそらく日本でいちばん役に立たない、いちばん高くて重いガイドブックである本書を買ってやろうなどという奇特な人は、ときに自分でも困るほど広く旺盛な好奇心の持主であるに違いない。その、手に負えない好奇心のカケラを、本書をきっかけに名もない地方の、道ばたに隠れた宝物に向けてくれたら、作り手としてこれ以上うれしいことはない。結局、人間を単なる欲ボケ落第生物以上のものにしている唯一の美質、それが好奇心なのだから。(p.427)

これは、週刊誌『SPA!』で連載された「珍日本紀行」の再編集版で、本が出た時点でまだ連載は続いていた(なので、文庫のほうはまた収録数が増えているのかもしれない)。

都築響一が基本的にひとり取材で日本各地の「珍」なモノを探してまわって、撮影も執筆もこなす、というのを4年ほどやって、このおもしろい、というよりは、いささかぎょっとする、キワモノ的な風景を集めてきている。

巻頭には「路上の真実」と題した一文。その最後にはこうある。
▼美しくない日本。品のない日本。そして居心地いい日本。目の前にある現実をもう少しポジティヴに受け入れることができたら、人生はずっと楽しくなる。(p.18)

表紙は、宮崎県にあるという「モアイ」。
『SPA!』で紹介された中から、さらに特選で選んだというスポットは、フツーの旅行記事やガイドブックには、まず出てこないようなところばかり。このやたら重くて厚いガイドブックをめくっていくと、都築が書くように「ようするに我々は日本のことをまるで知っちゃいない」ことが、つくづくわかる。「興味がなければ、それは「存在しない」のだ」という存在。

都築の興味にひきずられるようにしてではあるが、この「リアリティ」、この「存在感」に目をひらかれる。載ってるところは、私が知らない、見たこともないところがほとんどだったけれど、私が実際に目にしたことのある場所、行ったことのあるところも数カ所はあった。しかし、行ったはずのそこさえ、都築の撮った写真で見ると、まるで違うところのように思えるのだった。目が違うからアタリマエなのだろうが、自分は、どこへ行って、何を見てきたのだろうなと思った。

(10/19了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4135-1a02130e
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第41回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ