読んだり、書いたり、編んだり 

生きることのはじまり(金満里)

生きることのはじまり生きることのはじまり
(1996/08)
金満里

商品詳細を見る

10月半ばに、劇団態変の公演「喰う」を見た。表現は抽象的、けれど演じる身体はそれぞれ具体的で、存在感があった。

公演を見て帰ってきて、いつだったかだいぶ前に読んだちくまプリマ-ブックス(このシリーズの本はスキなのが多かった)の金満里の本を借りてきて読んだ。久しぶりに読みおわって、これは金さんが42歳の時の本なんやと気づく。ひゃー、今の自分と同じ歳やんかと思う。

運動にとびこみ、親と衝突した20代前半、運動からはなれ、街で"不良"をやりだした20代の半ば、国障年ブッ飛ばせコンサートをやった20代の後半… こんかい読んで、20代の金さんの話、金さんが20代だった頃の世間の動きの話が私にはおもしろかった。30になった金さんが「態変」を旗揚げするにいたる中で、運動の挫折もあって「もう言葉だけの世界はいやだ、そう思った」(p.175)というのが印象に残った。
ふだん社会からじろじろ見られる障害者という立場を、舞台と観客という位置関係でそれを逆転し、舞台の上から観客に挑みかかり、眺めまわすという視点の転換をはかりたかった、とも金さんは書いている。

▼奇異な見かけの障害者が見世物小屋に売られ、見世物として生き延びた、というのは、ついこの前まであった話である。…
 いくらそれが社会関係の産物だとはいっても、「変わったものを見てみたい」というのは人間の心理としてある。それなら、その心理を逆手にとらないという手はないのである。見世物に徹してあげよう。そのかわり、私たちを見ているその目を、あなたたちにも返してあげよう。それが、相手を嬲りものにしている自分の心理を見せられることになればいい―それが私の目論見だった。(pp.184-185)

私は、公演を見た、と思っていたけれど、こっちが見られ、眺められてもいたのか、と思った。私は、どんな目で見ていたのだろうと思った。

(10/17了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4132-d72a2ef6
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第43回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ