読んだり、書いたり、編んだり 

三人暮らし(五十嵐正人)

三人暮らし三人暮らし
(2007/03/24)
五十嵐正人

商品詳細を見る

『We』173号でまとめた「誰もが当たり前に生きていくために」の話を李国本修慈さんから聞いたとき、千葉の五十嵐さんのことも話題にでた。どっちかというと僕は五十嵐さんタイプやと。

今は、昔ながらの"施設"ではなく、グループホームとか、ケアホームとか、そういう方向が流行りのようで、それが「施設から地域へ」と言われたり、「地域移行」とよばれたりしている。なんとかホームは、住んでる人とは別に"ケアする"スタッフがシフトとか順繰りで泊まったり帰ったりしてる。なんとかホームが「地域」なんやとしたら、そしたらスタッフが帰っていくところは「どこ」なんか?

「地域で暮らそう」「みんなで暮らそう」というようなキャッチフレーズが、なんとかホームには出てくるらしいが、みんなとちゃうやん、スタッフ帰るやん、その場所は「地域」といえるんか?というのが、五十嵐さんなり国本さんなりの思いなんやと思った。

私の力不足と『We』のページ数の関係もあって、誌面では五十嵐さんのことにはふれられなかったけれど、173号ができたあと、国本さんが事務局をつとめる重心ラーの会(≪重症心身障害児・者≫といわれる方々らと共に生きる会)の皆さんや、そのお仲間の方がたに173号をずいぶん買っていただき、読んでいただいた。

国本さんからは、五十嵐さんの『三人暮らし』と通信は必読です!と伺い、遅ればせながら五十嵐さんの本を読む。そして五十嵐さんからは「もうひとつの福祉」という通信を送っていただいた。
『三人暮らし』は、五十嵐さんが小説のかたちをとって、ご自身の続けてきた個人事業のことを書いたもの。障害なんとか制度やらなんとか支援法とは関係ない「お泊まりの家」は、言葉を与えるなら"生活支援"の場で、「たとえばお母さんが病気の時に障害をもつお子さんをお預かりしたり、学校や病院への送迎をしたり、冠婚葬祭の付き添いをしたり、そういうことをしてきた」(p.3)のだった。

そんな暮らし─血縁とも制度とも関係ない、けれど、一緒にご飯を食べて、お風呂に入って、同じ家で過ごす暮らしのことが、主に五十嵐さんと小島さんと裕子さんとの「三人暮らし」の日々として書かれている。「お泊まりの家」は、裕子さんだけではなく、ミチルくんやアキちゃん、ワカちゃん、アミちゃん…さまざまな事情で助けを必要とする親御さんが、子どもさんを頼みにくる。「お泊まりの家」は、それを引き受けられるかぎり引き受け、どうしても無理なときには他のところを紹介したり、ごめんなさいと断ったりする。

裕子さんのお母さんと、五十嵐さんとの間では、たとえばこんな話が交わされる。
──…裕子さんを見ていて思うんですけど、自立っていうじゃないですか。あれは自分で何でもできるようになることじゃないんですよ、きっと。それはただの孤立で、自立というのはできない部分をしっかりと持ちながら、他人と関わりあって生きていくことなんだと。凹面と凸面がピッタリ合うような感じです。自分で何でもできるっていうのはデコボコのない球体みたいな姿で、誰とも関われずにコロコロ転がっていっちゃうんです。
──裕子は凹んだところばっかりね。
──だからたくさんの人の凸面がくっつくんでしょう。裕子さんは、人生勝ったも同じですよ。それにきっと、たくさんの凸も持っているに違いない。…
(p.111)

「三人暮らし」という時間のなかで、五十嵐さんは、自分がいないと裕子さんは寝られへん、「ねんね、ゆうこ。ゆうこ、ねーんね」と声をかけながら裕子さんの入眠には自分が必要だと思うようになる。泊まりがけで行くことになった講演先から何度か電話をかけて、裕子はどうか、変わったことはないかと五十嵐さんは案じるのだが、当の裕子さんは、待っていても五十嵐さんがいないことが分かるのか、お風呂からあがってすぐに眠っちゃったのだとスタッフの小島さんから聞かされて、五十嵐さんは拍子ぬけする。それなら僕はいらないじゃないか。

こんなところは、子どもには絶対に自分が必要だといつの間にか思いこんでいる親の姿のようで、おもしろかった。

▼…本業の制度上のサービス以外の「もう一つ」を実践できるかどうか。…「もう一つ」を発見し、実践する人がその街にいるということが、障害を持つ人達が胸を張って、本当の思いを叫ぶことの力になるのですから。(「もうひとつの福祉」127号、2011年2月)

五十嵐さんから送っていただいた通信「もうひとつの福祉」のバックナンバーも読んで、僕はどっちかというと五十嵐さんタイプだと話しはった国本さんの言葉の意味が、『We』173号を出したあと、今さらだけれども、すこし分かった気がした。

(8/14了)
 
Comment
 
 
2011.08.23 Tue 12:12 五十嵐正人  #qaABx63k
「三人暮らし」について、ご感想をいただき感謝、感謝です。
裕子さんとの関係は相変わらずです。
柏にいらっしゃることがありましたら、どうぞお気軽にお立ち寄りください。
当方のブログ「裕子ねーんね」に、紹介いただいた記事を書きました。
http://yuuko-nenne.seesaa.net/article/221835201.html
ありがとうございます  [URL][Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4043-2265a6b9
2007年に出版した「三人暮らし」ですが、最近読んでくださった方のご感想などが、その方のブログにアップされています。 「乱読大魔王の『We』周辺記事」というブログです。 http://we23randoku.blog77.fc2.com/blog-entry-4043.html#more4043 自分で書いた本とい…
2011.08.23 11:30
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第43回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ