読んだり、書いたり、編んだり 

レーナ(ジャクリーン・ウッドソン)

レーナレーナ
(1998/10)
ジャクリーン・ウッドソン

商品詳細を見る

『わたしは、わたし』を返したときに、同じ著者の『レーナ』を借りてくる。本の表紙は前から見ていたが、読むのは初めて。

いまは「黒人の町」といっていいオハイオ州のチャンシーに住むマリーのクラスに、白人の転校生がやってくる。名前はレーナ。マリーの父に言わせれば「白人のクズ」(父さんがこう言ったとき、マリーは「人間よ」と言う)。"黒人は差別されてきた"と頭にぐりぐり入ってて、だから"登場人物のビンボーなほうは黒人"と思ってる人が読んだら、マリーとレーナのどっちが黒人でどっちが白人なのかわからなくなるかもしれない。

マリーが、「皮膚の色が薄いだけで、黒人なのかな」と思うくらい、レーナは"黒人らしい"。小綺麗にしていて、ベストドレッサー賞をとったこともあるマリーのほうが、"まるで白人みたい"なのだ。

2人は親しくなっていく。マリーの"親友"だったシェリーは「あの子とつきあうつもりなの?」とマリーに迫ったりするし、マリーの父はレーナのことをやはり「白いクズ」だと言い、あまりつきあうなといわんばかりの態度。でも、2人はいろんなことを話すようになる。

レーナの母さんは死んでいて、マリーの母さんは出ていって、2人とも母がいなかった。2人の共通点があるとしたら、そのことくらい。
レーナはマリーにきく。「あんた、お父さんが好き? だれよりも好き?」 うなずくマリーに、レーナは「あたしも、父さんが好きになれるといいんだけど…」という。父さんがあたしを愛しすぎているから…「話しても、誰も信じないんだ」「そんなことありえないって、みんな言うんだ」

マリーが、レーナのことを知ったのは、それからしばらくあとのこと。「あんたは、家の中なら服を脱いでもだいじょうぶだよね」「あんたの家のお風呂場は鍵がかかるよね。それに、毎朝鏡の前に立って、自分の姿を映してみたって、なんにも…なんにも起こらないんだよね」

「うちの父さんは、あたしに変なことするんだよ」 それを聞いて「まさか、嘘なんでしょ…」と言うマリー。 「ほんとだよ、マリー。母さんが死んでからこっち、ときどき…」 耳をふさいで「自分の娘になんて、まさか」と言うマリー。

「嘘じゃないよ、マリー」
「嘘なんか、ぜったいついてないよ」


2人は、お互いのことを話す。泣いたり、笑ったり、怒ったりしながら、お互いのことを知っていく。マリーは、レーナと友だちになるまで、チャンシーではなんでも黒人と白人に分かれているという事実に気づいていなかった自分に気づく。2人は、「ふたりの人がいつまでも友だちでいる方法」として、互いの秘密を守る約束をする。マリーは、出ていった母さんに、出せない手紙を書いて、戸棚の奥につっこんでいることをレーナに話す。

レーナはそれから、妹にまで手を出すようになった父から離れるため、妹をつれて家出する。「手紙書くからね、マリー」と最後に言って、レーナの電話は切れた。

なんど読んでも新しいことが見えてきそうな、いろんなテーマの重なりを感じる作品だった。つい一気読みしてしまったが、また読もうと思う。

(7/25了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4017-613535e6
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第41回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ