読んだり、書いたり、編んだり 

8月6日のこと(文・中川ひろたか、絵・長谷川義史)、てんごくのおとうちゃん(長谷川義史)

8月6日のこと てんごくのおとうちゃん

昨日は雨がけっこう降りよるなか(一番降られたのは、ウチを出て駅まで歩く間で、膝から下がびっしょり)、海月文庫へ、長谷川義史作品展「子どもたちGO」を見にいった。財布にヨユウのある人がようけおるらしく、展示してある絵がほとんど売れていてびっくりした。私がええな~と思った、百円落とした子の絵は残っていた(といって買えるわけでもないが)。

そして、展示の時間が19時にすんだあとは、海月が長谷川義史BARにはやがわり。飲み食いが一段落したあとは、十数人のBAR参加者の自己紹介がありーの、唄や演奏がありーの(長谷川さんのウクレレ+垣井しょうゆさんのノコギリ+モンキー岡田さんのハーモニカとギター)、笑いのあふれる時間だった。合間には、長谷川さんが新しい絵本『8月6日のこと』(文は中川ひろたかさん)を読み、『てんごくのおとうちゃん』を読んで唄いはった。
8月6日が近づいてくると、爆心地に近い小学校で被爆し、学校中でふたりだけ助かったうちのひとりだという近所のKさんの話を思う。「なんで自分だけが」とKさんは8/6になるとどうしても思ってしまうのだと言っていた。中川ひろたかさんのお母さんは、8/6の原爆でお兄さんを亡くした。中川さんにとっては伯父さん。そういう、自分に近い人が経験したことは、たとえ話に聞くだけでも、おなかの底までぐっとくる感じがする。

長谷川義史さん+垣井しょうゆさん+モンキー岡田さん

長谷川さん+しょうゆさん+モンキーさんの演奏。長谷川さんは、丸い縁のメガネとまゆ毛の上でぱっつんの髪型が、ぱっちもんの藤田嗣治のようだった。
Genre : 日記 日記
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4005-9bb32235
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第43回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ