読んだり、書いたり、編んだり 

センセイの書斎―イラストルポ「本」のある仕事場(内澤旬子)

センセイの書斎―イラストルポ「本」のある仕事場センセイの書斎
イラストルポ「本」のある仕事場

(2006/05)
内澤旬子

商品詳細を見る

『世界屠畜紀行』『身体のいいなり』に続き、内澤本をまた借りてくる。この本は、今年の初めに文庫になって、本屋でちょろちょろと立ち読みしていた。

本のある仕事場をたずね、部屋を測量して帰った内澤さんの手で、天井をはずして覗いたかたちの書斎の俯瞰図が描かれている。この感じ、妹尾河童がほうぼうのトイレを覗いてまわって描いた『河童が覗いたトイレまんだら』を思い出す。

その俯瞰図から取り出したように、本の並び、本の山の絵もあって、むかし読んだ本や知ってる本があると、じっと見入ってしまう。読みはったんかなー、積んでるんかなーとか思いながら。
私がじっと絵を見ながら読んでると、脇からのぞきこんだ同居人が「こんな書斎にしたいなって、読んでるん?」とお尋ね。いや、まさか。見てるだけー。

みなさんけっこうキレイに本が並んでいる。情報やら資料をバシッと整理してる人も多い。そのなかで親近感をもったのは、石山修武さんの「居場所へのこだわりを解放する」。「家自体が路上のような感じです」という建物も、読んだ本を手元に置いておくことにこだわらないというところも。絵をみると、なんかごちゃっとしてて、本の並びもとりとめがない。

数年前にもう置けないからと本を千何百冊か手放したあたりから、どの本が自分の手元にあって、どの本を手放したか、だんだん分からなくなってきた。いま本棚に入ってる本も、手放してもいいかと思ったりするけど、なかなかできずにいるのはめんどくさいから。読み返したいときに、その本が手元にあるといいとは思う。でも、もうこの何年か、たしかあったはずと本棚を探しても見つけられず、結局図書館で借りて読んでることも多い(そして読み終わったあとに本が見つかったり)。

この単行本の段階で、「主が彼岸へ旅立った書斎」がひとつあった。今読むと、彼岸へ旅立った方も何人か。そのあと、この書斎の主たちの本やら資料やら紙やらは、どうなったんかなとそこにかなり興味がある。母が死んで、残った本やら資料やら紙やらを、どうすんねんというのがこの数年の懸案事項でもあるため(自分の周りの紙の山もどうすんねんというのがある)。

とくに母があれこれ入手していたミニコミ誌などの類いは、図書館にはほとんど入らず、「捨てたら終わり」という気持ちもあって、どうしていいかと思う。「本のある仕事場」の仕舞い方、みたいな本が、どっかにあれへんかなーと思う。でもそれは、仕事も仕舞いにするときになるんかな…。

(7/17了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4004-59584aa3
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第43回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ