FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

わたしは、わたし(ジャクリーン・ウッドソン)

わたしは、わたしわたしは、わたし
(2010/08)
ジャクリーン・ウッドソン

商品詳細を見る

元職場の同僚さんから「ぜひ」とすすめられて借りてくる。表紙を見ると、褐色の肌にランニングシューズをはいた少女。『ジェミーと走る夏』みたいな話かなと思っていたら、ちょっと似ているところもあった。肌の色が、その人個人よりも、その肌の色をもった人たち全体をひっくるめて見させてしまうようなところが。

▼人種を理由に白人が黒人につらくあたるとは、わたしは思っていなかった。デンバーはそんな場所ではないと思っていた。(pp.47-48)

「わたし」トスウィアは、新しい名前をつけることになった。わたしはイーヴィー。姉のキャメロンは、アンナになった。ずっと住んでいたデンバーにほとんどすべてのものを置いたまま、遠い遠い町へうつり、イーヴィーたちは、新たな「過去」を頭にたたきこんで、そこで暮らすことになる。
トスウィアの父さん、デンバーの署のなかでただ一人の黒人警官だった父さんが、同僚の警官二人が、黒人の少年を撃ち殺したのを目撃したことから、一家は命の危険にさらされることになる。

父さんの見たことと、少年を撃ち殺した二人の言うことはくいちがっていた。「あいつが銃を持ってると思ったんだ」「あの子は、きみのほうを向いてたじゃないか。両手をあげて立ってただけじゃないか。(p.43)

父さんは、法廷で証言するまで悩みもした。上司からも「説得」されもした。よく考えるんだ、二人をしょっぴくのは間違いかもしれないんだ、二人の人間の夢や誇りを奪うことになるんだぞ、と。

それでも父さんは、証言することにした。自分は父親でもある警官だ、それが誇りだ、だからこそ私は黙っているわけにはいかないと。「この子たちの父親だってことは、ここで意見を変えて、娘たちがなんの理由もなしに殺されるのを見てるためじゃないんです。…撃たれたのは、わたしの娘だったかもしれないんですよ。子どもが撃ち殺されたという話を電話で聞くのは、わたしの妻だったかもしれないんです!」(p.55)

トスウィアの家には脅迫電話がかかり、銃弾が撃ち込まれた。地方検事からは「証人保護プログラム」で保護することはできる、ただ引っ越さなくてはいけなくなると父さんは言われる。引っ越しを決め、法廷で父さんは証言した。

「あたしの人生をめちゃめちゃにする」と姉のキャメロンは怒鳴り、トスウィアは親友のルルと毎朝ぎゅっと抱き合い、夜には涙を流して別れる日を送った。引っ越しは、いつなのか、どこへいくのかも秘密なのだ。そうでなければ殺されるかもしれない。

ひきはがされるようにデンバーを逃げ出し、新しい町で、新しい学校に、全く違う「わたし」として通うことになるイーヴィー。まるで自分がいない人になったような気がする。同じクラスにいる「トスウィア」が名前をよばれたときに、返事をしてしまい、いとこの名前なのと言い訳したり。わたしたちは、いったい誰なの?

父さんはぼんやりして家にこもり、自分のしたことは間違っていなかったと思いながらも、投獄された元同僚のことで悩んでいる。母さんは宗教にはまり、母さんと父さんが言い争う声ばかりが聞こえるようになった家。姉のアンナは、16歳になったら入れるサイモンズ・ロック大学へ全額支給の奨学金をもらっていこうと勉強に励む。

わたしは?イーヴィーは走りはじめる。走ることが自分を自由にしてくれるとは思わなかったけど、それしかなかったから。「イーヴィーって、脚の長いメクラグモみたい。スパイダー・ウーマンだね」(p.156) 一緒に走る仲間に、コーチに「スパイダー!」と呼ばれるようになり、「わたしは、わたしなのだ」とイーヴィーは少しずつ実感を得ていく。

決して望んだわけではない「人生の書き直し」。誰にあたっていいのかもわからない。父さんが証言しなければよかったのか?もしもそれを選んだとしても、「いままでどおり」の暮らしはたぶん続かなかっただろう。まさに理不尽。その困難な時間のなかで、イーヴィーもアンナも、母さんも父さんも、少しずつ少しずつ「じぶん」のよりどころを見つけようともがく。

▼わたしの人生は、書き直されたんだ。これが最後のバージョンだといいけどな。(p.212)

(6/30了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/3978-074122ea
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ