FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

夢(II)

 姉ちゃん(私からすると伯母さん)はむかしの女学校、いまのH高校が共学になった一期生か二期生くらいで、その同級生にこれこれこういう人がいた、日銀に入ったが東大でないと出世できない世界で、その人は京大卒だったのでどうのこうの、それでも神戸支店長になったらしいとか。
 「硫黄島からの手紙」と「父親たちの星条旗」を見にいこうと思っているが、映画館の上映時間が、早すぎたり遅すぎたり、自分の生活スケジュールとうまく合わないのでまだ行ってないとか。
 安部というのは、ここ数日みていると、民主党の前原のようだな、とか。

 で、帽子の話になり、昨シーズン父ちゃんに編んだ帽子は愛用されており、この冬も何か編んでほしそうなことをいうので、ふんふんと注文を伺う。

 こんど姉ちゃんに荷物を送るというので、その荷造りを手伝ってから、妹2号宅へ向かう。

 あいかわらずここのお犬様はよく吠える。
 コーヒーいれてもらって、一緒に編み物して、こっちでもあれこれとしゃべる。八割方できていた妹用のミニマフラーを、ちょうど糸が終わるところまで編んでしまって、仕上げてしまう。

 それから犬の散歩につきあい、犬にヒモをぐいぐい引っ張られて、ちとくたびれる。元気やのう。

 日が暮れる前に帰る。図書館へは間に合わなかったので明日にすることにして、買い物して帰る。
 晩ご飯は久しぶりの豆サラダと、鍋、ご飯。豆サラダの大豆は、こないだ同居人の里から送られてきたもの。うまい。鍋はキャベツと白ネギと大根をたいたところへ、豚こまぎれをネギと生姜と一緒にちょきちょきやって片栗粉でまとめた豚団子を投入、菊菜も投入。それをポン酢と柚子こしょうで。豚団子は初めてやってみたが、なかなかウマかった。

 今日は『自閉症スペクトラム』という本を読んでいた。「スペクトラム」というとプリズムみたいな、どういう意味なんやろ?自閉症から後光が差すというか、光が分かれるというか…と思って読んでいたが、はっきりわからない。「自閉症スペクトラム」と指されるのは、「自閉症みたいなかんじ」というカテゴリーのようでもあるが、よくわからない。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ