FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

あつぅー(I)

 昨日はえらいさむぅーと思ったら、今日はこんどはあつぅーと思う日。
 朝のうちに洗濯して干して、洗濯して干して、それから急いで父ちゃんちへ行く。出るとき急ぎすぎて、もっていこうと思ってた柿など忘れる。

 モノレールに乗っても暑い。たまらん。上着をぬいで、バスに乗る。バス降りたら、またあつぅー。
 父ちゃんと昼ご飯を食べ、持参したコーヒー豆を挽いてコーヒーを入れて一緒にのむ。
 「日本は、かなり危険なところへきていると思う」と憂慮する父ちゃん。「軍国主義復活ゥー!!と言うて軍国主義にいくわけではないんやから」と。そりゃそうだ。
 「文科系の人間が、とくに文学者が、政府の出す勲章をよろこんでもらうのは、信じがたい」と何人かの名をあげる父ちゃん。たとえば瀬戸内寂聴。「瀬戸内寂聴さんの話 小説家になって五十年目という節目の年に、これ以上はない名誉ある文化勲章をいただくことになり、本当にありがたく思っています。(徳島新聞10月27日付より)」とな。瀬戸内寂聴は、父ちゃんの記憶によれば(私がネットでさらった範囲でもそのよう)「やっともらえた」みたいな発言をしたらしい。「もうほんとにバカか」と思ったという父ちゃん。その気持ちはわかる。

 父ちゃんちをおいとましたあと、妹2号宅へ向かう。今日はお犬様のさんぽを手伝う予定で。仕事から帰ってきた妹に、父ちゃんちで挽いてきたコーヒー豆でコーヒーをいれてやって、しばらくしゃべる。たまにしか行かないから物珍しいのか、犬がやたら寄ってくる。

 そのあと犬2匹つれて近所を散歩して(リードはあいかわらずピンと張る奴ら)、図書館へ寄りたいので帰宅。まだ暑い。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第66回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ