FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

伊丹(I)

 蒸し暑い。しっとりと朝起きる。
 朝ご飯をたべて、コーヒー飲んで、同居人が洗濯して干してから、バスに乗って伊丹へいく。伊丹市立美術館と一緒にある柿衞文庫で「ひとつきだけの田辺聖子文学館」の展示をやっているのだ。これが目当てで行く。
 
 柿衞文庫の部屋の入り口には、田辺聖子という表札が。ぷぷぷ。これまで何度も来ているが、展示室でふりむいて十数人の人がいる、というのは初めての経験。さすが田辺聖子。女学生時代につくられた回覧雑誌、女専時代の作文やノート、2階の展示室では単行本がずらっと並べられて、そこからぐるっとまわりこむとぬいぐるみやちまちましたカワイイものがわんさと並んでいた。カモカのおっちゃんの写真も初めてみた。

 隣の美術館では子どもたちのワークショップの成果「子どもと造形 レンズ+○△□=?」が並べられていた。これまたおもしろい。あと地下の常設展示を見る。
 それから美術館の脇に移築された旧岡田家住宅(岡田柿衞さんの旧宅)の酒蔵で田辺聖子の生家がやっていた写真館の写真の展示を見る。ついでに隣の石橋家住宅も見物。

 柿衞文庫で入るときにもらった食べあるきマップで、ここへお昼を食べにいこうと、前から行ってみたかったイタリアンのお店を探してぶらぶらと歩く。阪急へ抜けるところ、東通商店街は前から知っていたが、バス通りの南側にずっと続く大きな商店街は知らずにいた。きょろきょろと商店街の端から端まで歩く。近所の野菜なのか、盛りの野菜が安い。お昼のあとでもういっぺん来よかと言いながら、イタ飯屋へ。お昼のスパゲティセットを頼む。サラダ、パン、スパゲティ(私はポモドーロ)、あとでシフォンケーキとコーヒーまでついていた。サラダもおいしく、パンの温め具合もよくてたいへんおいしく、まんぞく。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ