FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

二重被爆

 『原爆神話の五〇年』のあと、岩波現代文庫に去年はいった『原爆災害』(広島市と長崎市の原爆災害誌委員会がまとめたもの)を読みながら、映画「二重被爆」を見にでかける。

 テレビでも何度か見た山口彊(つとむ)さんのほか、二重被爆をした数人の方の語りと、アメリカ、フランス、中国で「二重被爆」や「原爆」についてインタビューした内容を織り交ぜたもの。ちょうど『原爆神話の五〇年』で読んだ“神話”に似た発言が、いくつかあって(日本は原爆を受ける以前に残虐なことをたくさんしてきたのだから、原爆を受けるのは公平だ、とか)、ああこんな風に原爆は語られもするのだ、と思った。

 『原爆災害』のなかでも、広島市と長崎市が国勢調査の付帯調査としておこなった被爆者調査のなかで、両市で被爆した「重複被爆者」が10人と出てきた。

 「ピカドンに身体焼かれし 傷の跡 老いて薄れて今日広島忌」
 「うち重なり焼けて死にたる人間の 脂しみたる土は乾かず」
 「大ヒロシマ炎え亡びたる朝明けて 川流れ来るにんげんの筏」

 山口さんは自分がつくったこれらの短歌を、つかえ、つかえ、涙をこぼしながら読んでおられた。

 『原爆災害』を読みながら帰る。帰りに図書館へ寄って、『原爆災害』を最後まで読んでしまい、それから丸木俊・位里の絵本『ピカドン』(これは占領下で発禁処分を受け、原画を没収されたのだという)の“復刻新版”と、丸木俊の『ひろしまのピカ』の絵本を読んで、『はだしのゲン』の6巻と7巻を借りて帰った。

 遅い昼ご飯を食べたあと、洗濯しながら、『はだしのゲン』の続きを読む。読む自分が歳をとったせいか、ああこんなこともかいてあったのか…と思う場面がいろいろあった。
 「ピカの毒がうつる」とか、顔や腕など見えるところに大きなやけどを負い、「化け物、おばけ」と言われるなどして忌避される被爆者の姿。

 「二重被爆」に登場したある女性は、結婚にさしつかえるからと「原爆におうたことは、口をつぐんでいました」と語っていた。結婚して、流産と早産をくりかえしたとも言っておられた。
 
 日が暮れるまで『はだしのゲン』を読んでいて、それから晩ご飯の支度。キャベツとタマネギと青ネギと丸芋を刻んでタネをつくったら、粉の量が足りなかったようで、バラバラになり、また粉をたして練りなおす。
 同居人が夜介護にいくというので、急いで焼いたけど、あまりおいしくなかった。粉モノはやはりシェフ同居人にまかせることにしよう…と思う。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ