FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

アメリカのろう文化


アメリカのろう文化
シャーマン・ウィルコックス(編)
鈴木清史、酒井信雄、太田憲男(訳)
\3,780
明石書店
2001年

USAでは1989年に出版された本。
ASL(=American Sign Language)が分からないと、正確には分からないところもあったが、Deafとdeafの話や、口話法の教育のことや、バイリンガル教育のことなど、日本の話と通じることもいろいろあった。

たくさんの章のなかで、合いの手のようにベン・バーハンのテキストが入っている。
調べてみたら、ベン・バーハンはギャローデット大学でろう文化を講義している人だそうだ。

各章のタイトル
1 ろう社会とろう者の文化(キャロル・パドン)
2 生きた心地のしなかった夜(ベン・バーハン)
3 ろうコミュニティの内側(バーバラ・カナペル)
4 「目の見える人」からの覚え書き(ベン・バーハン)
5 音楽がなくても踊ることができるのですか(シャニー・マウ)
6 われわれの世界でもあるのだし(ベン・バーハン)
7 異なる次元 アメリカ手話と英語の文化(ウィリアム・ストコー)
8 私の将来、私たち自身(ベン・バーハン)
9 ろう者には面白くても、聴者には面白くない(スーザン・D・ラザフォード)
10 もしかりにアレグザンダー・グレアム・ベルの思いどおりになっていたら・・・・(ベン・バーハン)
11 汽車 出た ごめん アメリカ手話における社交会話のエチケット(ステファニ・ホール)
12 言語上の少数派としてのろう児(ベーダ・R・チャロウ、ロニー・B・ウイルバー)
13 トータル・コミュニケーション(TC) まったくのお笑い種(ベン・バーハン)
14 二言語・二文化による英語教育 二人の聴者とひとりのろう者が共同でいかにして英語を教えるか(トム・ハンフリー、ベット・マーティン、テリー・コーイ)
15 学校でスタック ろう教育の教室における意味と文化(シャーマン・ウィルコックス)
16 もしイエスさまと話せなかったら、どうして天国へ行けるの 既成教育組織対ろう社会(ジェームス・ウッドワード)
17 誰が主流に入りたがっているのか(ベン・バーハン)
18 沈黙の文化を突破する(シャーマン・ウィルコックス)
19 戦いはまだ終わっていない(ベン・バーハン)

15章「学校でスタック」に引用されていた「ろう者の教育」という絵。ろう画家ベッティ・ミラーによるこの絵には、こんな文字が書き込まれている。


GOD
MADE ME DEAF
BUT THEY
WANT ME LEARN
TALK TALK
HEAR HEAR . . . . . LIKE HEARIES

NORMAL?
ME TRY HARD
EQUAL NORMAL
UNTIL ME FREAK
. . . FAIL . .
W H Y . . .?

(p.231、「ろう者の教育」ベッティ・G・ミラー、1971)

 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/377-381ca4e2
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ