FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

鍵わすれた

 ライブラリーは閉室日。朝から本を運び、本を並べ、あれこれと肉体派の仕事。汗が出る。

 昼からライブラリーのミーティングと、あとで全体会議。またも総務課長が休んでやがるので、エエ加減腹が立ち、「いろいろ事情はあるにせよ、4月に出たきり、5月、6月、7月と総務課長がまったく出ていないことに疑問を感じるし、あいかわらず刷り物よみあげがほとんどの会議やし、こういう全体会議をもつ意味あるんですか?」と会議のときに事務局長に投げる。休みと外出ばかりの総務課長は、いったいどういう業務を優先しているのか?こんな奴に労務管理の責任者はされたくない。そうでなくても、労基法の解釈やら何やらおかしいと思うこともあるのに。

 ほぼ定時であがる。今日の晩は藍布(らんぷ)でやってるゴアの絵の展示を見にいこうと晩ご飯は同居人とらんぷ待ち合わせ。しかし今日は天神祭。地下鉄はすごいことになっているだろうと、少なくとも帰りは歩こうと考えていた。梅田についたらまだ5時半すぎで、ジュースを飲んで水分補給をしてから、ぶらぶらと天満橋まで歩く。途中、中之島の近くで、陸渡御(りくとぎょ)が御堂筋を通っていくのをみた。信号が赤になるたび、まわりの人が携帯電話をそっちへ向けて写真をとっている姿が並ぶのがちょっとおかしかった。天神祭といえば川、船と思っていたが、その船渡御のまえに、こういう陸をいくのがあったとは。初めて知った。

 45分ほど歩いて、らんぷへ到着。絵はサイン色紙に描かれていて、あとで訊くとクーピーで彩色されているということだった。不思議な色合い。かけておく壁があれば、1枚くらい買ってみたかった。
 同居人も合流して、2時間ほど飲み食いして、かなり満腹。帰りも梅田までぶらぶらと歩く。らんぷを出たあと、ドドン、ドンドンと大きな音がして、まだ花火をやっているのかと川の近くまで行ってみたが、その音がちょうど最後だったらしい。まだ人の多い橋を渡って帰った。梅田へついたら同居人は水を浴びたかのようにびっしょり。

 家の前まで帰ってきて、職場の机に鍵を差したまま帰ってきたことに初めて気づく。明日は休館。鍵どうする。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ