FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

ネコの世話

 今日も天気がいいので洗濯して干してから、朝のネコの世話。とはいうものの昨晩2匹とも外泊のままだったので、戻ってくるかと玄関開けて、1時間ほど本を読んでいたが、戻ってこないので、あきらめてとりあえず2駅向こうのO図書館へ行く。Oさんちで読んでしまった藤原和博の『サクラ、サク』を返す。フィクションで経営(マネジメント)のエッセンスを書いてみた、という試みはわかるけど、なんかイマイチだった。「男でしょっ」とか「PTAのお母さんたち」とか、そういうのは“リアル”なことなのかもしれないけど、読んでいてちょっといらついた。

 ふだん使っているH図書館に私がなじんでいるせいもあるのだろうが、O図書館のカウンター接客が感じわるい。H図書館は蔵書点検で休館やのに「予約されてる本はやくとりにいってください」とか言うし(開いたら、すぐ行くっちゅーねん)。1冊返却して「いま、私何冊借りてますか?」と聞いたら、(わかってないんか、こいつという風情で)「先に利用者カードを出してくださいっ」と鼻息荒く言われるし。あ~感じわる~。

 予約してた本を2冊とあと2冊借りて帰る。ネコの様子をみに立ち寄る。1匹がいったん戻ってきてエサをがつがつ食ったが、またぷいと出ていってしまった。もう1匹はよんでみるが、見当たらず。

 買い物して帰宅。昼ご飯を食べて、また洗濯して干して、晩ご飯のコメをしかけて、夕方のネコの世話。ネコが戻ってこんので、玄関開けて、なかで本を読んでいたら、いっぱい蚊にくわれてしもた。かゆ~
 横森理香の『母を送る、母に贈る』を読んでしまう。

 それから手話にいく。来ていた人に、リハビリの署名をしてもらった。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第67回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ