FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

がるる

 3月末も近づき、ようやく年度内の市民健診に行く。血液検査のため朝飯抜き。がるるるる

 検尿→身長体重測定→心電図→採血→問診。とくに問題なし。その後、子宮がん検診の結果をききにいく。とくに異常なし。
 
 カバンに入れていったジュースを2本飲んで、飴をなめて、図書館で永井明の『適応上手』を読んでしまって、返して借りて帰る。永井明のこの本は、おそらく初めて読むのだが、過去に読んだおぼえのあるエピソードがあって、(なにか昔読んだか?なにか他の本とエピソードがかぶってるのか?)と思っていた。が、思い出せず。
 平安寿子の本がほかにないかと検索してみて気づく。この人の名前は、いまは平安寿子(たいら・あすこ)だが、途中までは平安寿子(たいら・あずこ)だったのだ。こないだ読んだ『Bランクの恋人』の表紙は「Asuko」となっていたが、今日借りてきた3冊は、ぜんぶ「Azuko」だった。

 今日も天気がいいので、帰って、風呂の残り湯くんで洗濯。お昼ご飯。がるる

 昼から、借りてきたなかの『グッドラックららばい』を読む。オモロイ。コーヒー飲んだりしながら、夕方まで読んで、晩ご飯の買い物にいく。

 ご飯、里芋とワカメの味噌汁、ひじきの煮付け、ホウレン草のゴマ和え、サヨリの干物、納豆。ご飯のあと、ハッサクむいて食べて、また『グッドラックららばい』を読む。
 この人の小説は、登場する人のそれぞれが一人称になる章をまとめて、全体のものがたりが積み上がっていく…というのがけっこうあるようだ。吉田秋生の『ラヴァーズ・キス』も同じ場面を、それぞれの視点から描き出して積み重ねていた。あんな感じ。

 天気がいいせいか、花粉飛びまくりのようで、クシャミと鼻水と目のカユミがひどい。ぐずぐずズビズビしながら平安寿子を読む。オモロイ。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ