FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

晴れのち雨ほんで雷

 平安寿子を今日も読む。

『明日、月の上で』

▽…早手回しに答えを手に入れようたって、できないんだよ。待たなくちゃ。一人で生きられるようになるためには、まともな経歴がないといけない。そういう世の中に生まれついたんだ。あんたには、まだ一人で生きていける力はない。そのことをちゃんと認めないと、先行きつらくなるだけだ。こうやって星を見上げる気分もなくなる。それはいいことじゃないよ。それじゃなくても、生きていくと嫌なことがいっぱいある。そうして落ち込んだときに一番楽になるのは、真面目に働いてしっかり飯を食うことなんだ。そういうことがちゃんとできるっていうのは、なにより自信になる。自尊心というのは、まっとうな稼ぎが支えるもんだ。働きのない人間が自尊心を持とうったって、無理な話だ。(96ページ)

▽「身体が丈夫で貧乏でゴロゴロしとるんじゃ、あんた、そりゃゴクツブシじゃないかね」(168ページ)

 朝は晴れていたのが、昼になって空はまっくらになり、雨がぼとぼと降ってきて、雷も鳴りだした。春の嵐というのか。へんな天気じゃ。ものすごい眠気がおそってくるので、昼頃しばらく布団で昼寝。

 雷雨はわりと短時間ですぎた。今日読んだ『明日、月の上で』と『素晴らしい一日』と、読み終わってないけどとりあえず次の本を借りたいので千葉敦子の『ニューヨークでがんと生きる』の3冊を図書館へ返して、借りる。雨のあと、どうも冷えてきたようだ。

 ついでに買い物して、いったん帰ってから、また出かける。ちょっと寒いので、毛糸のベストを着込んでいく。梅田で待ち合わせ。まえは同じ職場で働いていた3人で晩ご飯を食べて、店をかえてオヤツとお茶。箸が転んでもとは言わないが、よく笑った夜であった。
 電車に乗るまえに、缶ビールを1本ずつ買って、それを飲んでからお開きにした。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ