FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

2目ゴム編み止め(I)

 ぐるぐる編む帽子を、半分くらいでちょんぎったような「ネックウォーマー」をつくってみた。グレー系の撚りあわせ糸でぐるぐる編んで、はしっこのところへ残り糸で別の色をいれた。帽子ならさいごはぐぐっと減らし目をして、しぼってしまえばいいのだが、これはミニサイズの腹巻きのように、伸び縮みしなければならんので(頭を通して首に巻くため)伏せ止めなんかではなくて、ゴム編み止めをしなければならん。

 このゴム編み止めはなるべくなるべく避けていたので(やったことはあるが)、気合いをいれねばできん。編み終わりが近づくにつれ、橋本治の『男の編み物』で「ゴム編み止め」の項をながめて、気分をもりあげていった。しかし橋本治本に載ってるのは「1目ゴム編み止め」なのである。基本はこうなんやろうけど・・・・・2目ゴム編み止めも橋本図解がほしかった。

▽ゴム編み止めというのは、初めての人には、ほとんど絶望的にきれいになんか仕上りません。だから上級篇で教えるんです。やり方は簡単ですが、出来上りの結果は、なにがなにやらわからないくらい不揃いです。それはもう覚悟の上という感じで始めてください。…

 …糸を通したとじ針を、一番右端の目にとおします。そして、その隣りの目にとおします。これが第1段階です。
 右端の目は表編みになってますね? だからこれは、手前に通します。
 次に通す目は裏編みですね? だからこれは、向こう側に針をとおします。
 表編みの目は手前に、裏編みの目は向う側に、それぞれ針みだす[ママ]のが、ゴム編み止めの鉄則なのです。…
 …2番目の目をとおして向う側に行ったとじ針を、もう一度手前にもって来て、一番右端の目にとおします。同じ目にとじ針を2度とおすというのが、ゴム編み止めの2番目の鉄則です。…
 …ゴム編み止めというのは"表編みは手前に裏編みは向うに"、そして"同じ目に2度糸をとおし"、そして、その糸をとおす時、"表編みは表編みと、裏編みは裏編みと"という三大鉄則によっているのです。(98-99ページ)
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ