FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

背表紙は歌う(大崎梢)

背表紙は歌う背表紙は歌う
(2010/09/11)
大崎梢

商品詳細を見る

「ブックマーク」の読者さんから届く本のアンケートは、最終的に編集して「ブックマーク」の次号になるのだが、先に読めるのが編集の役得。こないだ届いたアンケートにあったこの本、あ!『配達赤ずきん』の人の書店シリーズやと、早速借りてくる。

「中の中」規模の出版社・明林書房の営業担当・ひつじ君(井辻です)の業務日誌シリーズの2冊目。前作『平台がおまちかね』も、また読みたくなる。

「極小の極小」規模のフェミックスで「営業」専属の人間はいないので、それぞれ編集もやりつつ経理とか、取材に出かけつつ営業とか、編集もやりつつ事務仕事とか、『We』を、企画して、つくって、売って、お金を回収して、それでまた次をやっていくというのを、掛け持ちでやっている。本屋さんへどんな具合に営業していけるのか、そこのところはフェミックスの営業上、大きな課題でもあるので、小説としても楽しみつつ、ふうううんと思いながら読んだ。
5篇めの「プロモーション・クイズ」で、あの『配達赤ずきん』に始まる3冊シリーズだった成風堂書店が出てきた。あのシリーズは順に文庫になってるらしく、すでに再読もしているけれど、こっちもまた読みたいなー。
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/3573-272f0410
「とある地方の小さな書店が経営の危機にあるらしい」よくある悲しい噂のひとつだと思っていたが、書店営業仲間の女性がそのことを妙に気にしていて…。個性的な面々に囲まれつつ奮闘する井辻くんは、東に西に...
2012.02.17 14:45
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ