FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

よく歩く(II)

 蕎麦はうまかった。蕎麦の香りもするし、同居人が頼んだ鴨もちょっとわけてもらったら実にうまかった。ただ、こないだ奈良で食べた蕎麦ほどのインパクトはなかった。蕎麦以外にも一品料理やなんやとメニューが多かったせいかもしれん。そば茶に、そば湯に、同居人の鴨のおつゆもそば湯で割っていただいて、まんぞくして出る。お腹はたぽたぽ気味。空は降りそうな色。

 こんどは駅に伊丹の駅へ向かって歩く。ぶらぶらと歩く。雲の多い空は、やはり降りそうな感じで、すれ違う人も傘を持っている人が増えてきた。細い道をぬけて、ぽかりと大きな道路へ出た。いつもバスで見る道だ。ちょっと入ると、住宅街なんやなあと言いながら、駅へ向かう。さっきまで歩いていた道は、ほんとうに静かだった。一筋はいるだけで、ずっと静か。ウチのへんみたいだ。

 駅の近くの量販店でトイレをつかい、同居人がずいぶん足がくたびれたというので、すぐバスに乗って帰る。駅では高金利なんとかの会が異常な高金利を引き下げるため、という署名を集めていた。気軽な手軽な印象のコマーシャルを流しているものの、サラ金などの金利は凄い。こないだ角田光代の『エコノミカル・パレス』では、主人公がキャッシングをしていた。私は(返せなくなるで)と思いながら、この小説を読んだ。
 金利の異常な高さはどうにかなったほうがいい、と思う。そのなんとかの会がハンドマイクで言うてることは、“あれもこれもそれも、とにかく諸悪の根源は高金利だ”という感じで、キャッチとしては下手くそな気がした。同居人は「聞いてたら笑える」とほんまに笑っている。おまけに署名を集めている人たちは一部をのぞいてやる気もなさそうであった。

 帰って、番茶をいれて、鳥取みやげの「ふろしきまんじゅう」を食べる。素朴なうまさ。蒸しただけというシンプルさなので、日持ちも作ってから3日だけ。もっと持つものなら…と一瞬思わないでもないが、鳥取へ行かなければ買えないことも含めて、そこがええんやろなと思う。

 日が暮れる頃まで本を読む。『幸福な食卓』と『ベジタブルハイツ物語』と『十二歳』を読んでしまう。読んでしまったらもう5時を過ぎていたので図書館は明日にして、相撲をちょっと見る。琴欧州の初優勝かと先週は思っていたが、朝青龍に負けた次の日も琴欧州はぽろりと負けて、でも今日は勝って、朝青龍との優勝決定戦になっていた。踏ん張る暇もない感じで琴欧州が負けた。千秋楽での優勝は朝青龍にも感慨深かったのだろう、朝青龍が涙ぐんでいた。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ